新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

紙や印刷がこの世からなくなくなることはありません

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

少しずつだが確実にメディアとしての紙の価値は下がってきている。
米パソコン誌の名門「PC Magazine」が休刊するそうだ。

メディア・パブ: 「紙よさらば」,あのPC Magazineも休刊へ

PCやPC周辺機器,アプリの評価が売り物であったが,そうした情報は今やインターネット上でタダで得られる。それに編集側スタッフの評価よりも,大多数のユーザーからの評価(集合知)のほうが参考になる。ガジェットやパソコンの購入者が,PC_Magazineなどのパソコン誌よりも,Engadget やGizmodなどのブログや製品比較サイトに飛びつくのは仕方がない

スポンサーリンク
 

日本でも同じような流れになっていくのだろう。
情報を発信するツールとしての紙の価値はどんどん下がっていく。
つまり新聞を含む情報誌は減少の一途をたどるのではないか?

一方でエンターテインメントとしての紙の価値はさほど変わらない気がする。
つまり、漫画等にあたるのだが、これも新しい表現性の優れたメディアが次々と誕生しつつある今、伸びることはないだろう。

さらに、有機ELなんていう紙なみの薄さのモニターも登場する始末。
紙が情報発信ツールとして一世を風靡していた時代はもう終わってしまうのだ。

これから先、紙、そして印刷はどうなってしまうのだろうか?
ひとつだけ、これだけは間違いなく言える。
「紙や印刷がこの世からなくなることはないだろう」

 - 雑談

アドセンス広告メイン

Comment

  1. 詠人知らず より:

    webで替わりが効くものはそりゃなくなるでしょ
    大判やら特殊印刷の需要はもっとでてくると思うけど
    あと、フライデーとかみたいなのも残りそう
    デジタルであの手軽さと内容を供給するのはまだまだ無理でしょうから

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
土日は土日のネタで

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近の僕のブログをみて気がつく …

2011年11月11日11時11分11秒にまつわる偶然と必然

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。もう、何日か過ぎてしまいました …

no image
新人さんが入った

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。新人さんがついに正式に配属され …

やっと終わった厄年がまた来る。新厄年は50歳、63歳

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。まあ、要は常に気をつけていなさ …

ネ申「田代まさし」コカイン所持でまた逮捕(9/18追記)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ネットで「ネ申」として祀られて …

リュック・ベッソン監督作品「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。リュック・ベッソン監督作品とい …

ディズニー×ルーカスフィルムでスターウォーズEP7が作られるらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これは期待しちゃいますねぇ。。 …

no image
印刷会社って何?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近、印刷会社の意味を考えるこ …

アメブロ(アメーバブログ)をまともにはじめてみた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。アメーバなうがiPhone(ア …

no image
トイレでゆっくりするのはやっぱり必要です

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。仕事の合間に気分転換によくトイ …

血液型オヤジ