新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

Wii・ニンテンドーDSが当たった理由(ワケ)

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

先日のユーザインタフェースの話題を書いていて、
ふと、思いついたことがあったので記しておきます。

スポンサーリンク
 

最近、パソコンが売れていないようです。

□パソコンが売れなくなっている!?個人向けPC市場低迷の理由とは?
http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/scd/link/id/200711261205?vos=nr25yn0000001
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000020-rec_r-bus_all
http://news.livedoor.com/article/detail/3403253/

一方、携帯市場はどんどん拡大化している模様。
各大手IT企業も次々と携帯に対応してます。
これとは別に、今売れているものといって真っ先に思いつくのが
もともとゲーム機であるはずのWiiやニンテンドーDS。
ゲーム利用のみならず、インターネットをはじめ様々な用途で利用されています。

はたして、WiiやニンテンドーDSはどうしてあんなに売れたのでしょう?

もちろん、面白いゲームが多いことも一因であることは間違いないと思います。
しかし、僕がもっとも重要だと感じたのはそんなことではありません。
それは、Wiiリモコンやタッチパネル、タッチペン等のユーザインタフェースです。
ある意味、賭けにも近いこのユーザインタフェースの真新しさが、
パソコンにいまひとつ入り込めない人たちや
現在のパソコンのユーザインタフェースに限界を感じはじめた人たちに
受け入れられたのだと思います。

一方携帯はというと、こちらはパソコンの流れを引き継ぎ、
より身近に置いておけるツールとして多くの指示を得ているのだと思います。
もちろん、普段使い慣れているユーザインタフェースも一因でしょう

パソコンが生きていく道、それは、ユーザインタフェース革命ではないでしょうか?

■12月1日追記
ITmediaモバイル:ユーザーインタフェースの真実

 今年のCESで印象的だったのは、デジタル家電にPCの巨人、IntelやMicrosoftが積極的に参入の意志を見せたこと(1月11日の記事参照1月8日の記事参照)。

ユーザインタフェース=家電 PCの生き残りの道は家電参入!?

 - マーケティング, 企画・ディレクション

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

人はAdsense(アドセンス)だけで生きていくことは可能なのか?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。サラリーマンをやりながらAds …

市場規模右肩上がりの「レコメンドウィジェット広告」とは何のこと?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。久しぶりのワードシリーズ。 最 …

熊谷市在住の主婦&在勤者必携! 有名店のランチがワンコイン(500円)で食べられる「LUNCH PASSPORT熊谷近郊版」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。こんなのがいろんな地域で販売さ …

今年は涼しくてよかった。うちわ祭2016総括

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今年のうちわ祭が終わりました。 …

no image
出会い系サイトの手口(予想)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。別のサイトでも出会い系サイトの …

2014年1月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そうそう、ヒットキーワードとヒ …

no image
テキスト広告のほうがバナー広告よりもクリックされコンバージョンも高い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。みなさんはバナーブラインドネス …

あなたのつぶやきがお金になる。つぶやき広告サービス「つあど」【配信編】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。インターネットには「アフィリエ …

「ちほちゅう」でトップページが出てこないのでタイトルを細工した

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、当ブログを「ちほちゅう」 …

no image
「ネットワークエンジニアであるか見分ける10の質問」をやってみた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。分からないことが多いながらも愛 …

血液型オヤジ