新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

検索ワード順位アゲアゲ大作戦 #2 ページランクアゲアゲ大作戦

      2015/06/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

まずはgoogle=ページランクということで、
ページランクアゲアゲ大作戦開始。

スポンサーリンク
 

とにかく、リンク登録できそうなページランクの高いサイトを探してみる。
こういうとき、ブログを持っていると強いのだが、
うちの次期社長はブログを日記にしか使っていないので却下。

で、当社を紹介しているサイトでリンクの入っていないところを検索。
(過去に組合のサイトに当社を見つけ、リンクをお願いしたら意外とアクセスがあった。)

すると、ウィキペディアの「○○市(念のため伏字)」の項目に当社が紹介されている。
しかも、赤リンク(リンクは入っているが項目がない状態)。
これは! と思い、さっそくウィキペディアに投稿。
いろいろ特殊なマークアップがあって難しかったけど、別会社のソースを使ってなんとか完成。

さて次は。。

iタウンページを当たってみました。
しか~しここは厳しい。ってか、リンクがありません。
どうも、広告を掲載していただいた企業のみリンクを入れているようです。
したがって却下。せざるおえない。。

2ちゃんねるも考えたけどネタがないし。
(実はよくないことが書かれたスレッド見つけたんだけどページランク0につき却下しました。)

とりあえず、今日のところはこんなところで。
結局ウィキペディアしかリンク張れませんでした。

>>続く

■2007年8月17日追記

なんと!!

リンクに属性 rel="nofollow" を加えることで、同リンクをページランクの計算対象から除外することが可能となっている。これは、ブログにおけるコメントスパムへの対策などを主目的として、2005年のはじめにGoogleにより提案されたものである。例えばページAからページBにリンクする場合、ページBのURLを仮にhttp://ja.wikipedia.org/とするならば、<a href="http://ja.wikipedia.org/" rel="nofollow"></a>とすることで、ページBがページAから受け取る(便宜的表現)ページランクは無となる。

なお、Wikipediaの外部リンクにはすべてこの属性を持たせている。これは、Wikipediaが宣伝の道具に利用されるのを防ぐためである。

だそうです。

無駄骨だったようです。

■2007年10月9日追記

被リンクSEOだけを考えたら無駄骨かもしれませんが、決して無駄骨ではありませんでした。
実は、リファラ(リンク元ページ)の順位でWikipediaさんが6位につけています。
アクセス稼ぎ及び認知度アップには少なからず貢献している模様です。

 - SEO・SEM, Webデザイン ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
外注探し

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここのところ立て続けに外注業者 …

日本のWebは残念だとかそういう話

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「ウェブ進化論」を書いた梅田望 …

「ここにCEOメッセージが入ります」の検索結果がひどい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「ここにCEOメッセージが入り …

2009年12月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。新年を向かえ、去年12月のヒッ …

エラー表示で検索トップ【ネットの不思議話04】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そういえばそんなコーナーありま …

no image
意外と気づかないSEO対策

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。SEO対策の知識はかなり詰め込 …

ブログタイトルの(追記あり)について

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近、ブログの記事のタイトルに …

2011年3月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。目標達成おめでとう。今年の初頭 …

no image
遂に出た!! ネット上のスタンプラリー

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。かねてから個人的に提唱していた …

no image
携帯サイトもリンクポピュラリティが重要

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。携帯サイト(モバイルサイト)の …