新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

WordPress(ワードプレス)の管理バーの高さを無視させたり、非表示にさせたりする方法

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressでデザインをカスタマイズする際、邪魔になるのが管理バー。
「position:absolute」なんて使っちゃうとこんな感じで、ユーザー側と管理者側で見た目が変わってきちゃうんです。

管理バーなし 管理バーなし

管理バーあり管理バーあり

スポンサーリンク
 

そんな時は管理バーを削除しちゃうのがいいのですが、それはそれで管理がしづらくなったりして。。
そこで、一番いい方法を探ってみました。

まずは管理バーを削除しちゃう一番簡単な方法です。
これは、WordPress(ワードプレス)の管理画面から「ユーザー」→「あなたのプロフィール」と行くことで可能です。
管理バーを削除01ここで、ツールバーにある「サイトを見るときにツールバーを表示する」のチェックを外して「プロフィールを更新」すればOK!

これはこれで簡単でいいのですが、もうちょっと細かい設定をしたい時はテーマのfunction.phpにいろいろ書いていくといいです。
たとえば、以下のように書くと、上記同様、管理バーを削除することが出来ます。

function mytheme_kill_admin_bar(){
return false;
}
add_filter( ‘show_admin_bar’, ‘mytheme_kill_admin_bar’ , 1000 );

 

ただ、個人的には管理バーは削除したくないんです。
とは言え、管理バーが表示されることでレイアウトが崩れちゃうのはいけない。

それだったら、管理バーの高さを無視させることは出来ないか?
できました。

add_theme_support( ‘admin-bar’, array( ‘callback’ => ‘__return_false’ ) );

 

具体的には
管理バーの高さを無効に「外観」→「テーマ編集」→「function.php(テーマのための関数)」と行き。
末尾に上記ソースをコピー&ベースとして「ファイルを更新」すればOKです。

こんな感じ。
管理バーあり2デザイン上、被ってしまっているところもありますが、これだったらレイアウト自体が崩れることはありません。

他にも管理バーの高さを変えたり、項目を削除、追加したりもできるようです。
詳しくは以下のサイトをご参考下さい。

管理バー WP Admin Bar を徹底的にカスタマイズしてみる | 8bitodyssey.com

 - CMS, WordPress, プログラミング, 覚え書き , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

電源ボタンが壊れたiPhoneを電源ボタンを使わず再起動させる方法

娘の「iPhone5」の電源ボタンがずいぶん前から効かなくなってしまいました。 …

ソフトバンク「iPhone 5」で余計なサービスを解約する方法(UULA[ウーラ]編)

ソフトバンク「iPhone 5」で契約時に勝手に入らされるサービスを解約する方法 …

no image
仮サーバーがインデックスされている

会社のサーバーの一部を仮サーバーとして確認用に使っているのですが、 なぜか、どこ …

ルーターをブリッジとして使うときの注意点(6/17修正)

会社に無線対応のルーターが導入された。 もともとルーターはあったのだが無線機能の …

YouTubeのチャンネルを作ったらまずすべき1つのこと

パソコン教室の生徒さんがカラオケ動画をアップしたいというのでYoutubeにチャ …

no image
CADデータの標準フォーマット

印刷物関係でたまにわけのわからない拡張子のファイルが来て困ることがある。 その中 …

Android(アンドロイド)スマートフォンでデフラグはできるの?アプリは怪しいヤツばかり

年末といえば大掃除、パソコンの大掃除といえばデフラグ、ということで、パソコンでは …

ワードプレス(WordPress)でSEO。「All in One SEO Pack」 #wp

先日、ワードプレス(Wordpress)でサイトマップを簡単に作れるプラグインを …

シッポの状態と動きでわかる猫の気持ち

とあるサイトでこんなものを見かけました。 ツイッターでも引用されていたので使わせ …

WordPressを軽量化(高速化)するために行う3つの方策

最近は、そこかしこでCMSと言えばワードプレス(WordPress)と行った感じ …