新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

WordPressの更新(アップデート)作業、ちゃんとやったら10万円

      2015/05/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分も使っているWordPress(ワードプレス)ですが、最近では放っておいても勝手にアップデートしてくれちゃう凄いヤツ。
メールが届くだけってのもどうなんだと思いますが、にしてもアップデート簡単すぎます。

勝手にアップデート

スポンサーリンク
 

でも、コアな部分をカスタマイズしてたりするとそうもいかなくて、手動でやらざるを得ない場合もあります。
それでも、大概はワンクリックでアップデートが済んでしまうんですけどね。
WordPress凄いっ!

ただし、時々トラブルも起きるようで(自分は一度も経験無いですが)そういう時は業者に出した方がいいこともあります。
ちなみに、ちゃんとアップデートするにはデータベースのバックアップと、サーバー上のファイルのバックアップをとってから、
アップデートするという流れになります。その辺りは以下の記事を参考に。
□ ワードプレス(WordPress)のアップグレードをちゃんとやってみた【さくらインターネットの場合】

で、業者に出すとおいくらくらいかかるのか?
今日はそんなお話です。

もちろん、データベースのバックアップをとったり、アップデート後の検証を行った上で公開など、いたれる至れり尽くせりであることはひとつアドバンテージにはなってきます。
また、仮に公開後に何かトラブルが起きたとしても、当然ながら即座に対応してくれたりもしてくれるのでしょう。

でないとさすがにボッタクリ感否めない。
さて、その料金ですが。。

1サイト約10万円となります。

もちろん、これ、業者によって違うのでしょうが少なく見積もってもまあ、数万円は下らないでしょう。
半値で安い!って感じかな。

これにはテスト環境の構築などに関わるテスト料金、仮に多少の改修が必要になった場合の保険代みたいなものも含まれていると思います。
デジタルってのはワンクリックで済むことが状況次第でかなり時間をかけてやらなければいけなくなる可能性があるわけです。
その辺りも加味しての料金なんでしょうね。

さて、自分がこれ、お願いされたらどうするかですが、安易に「いいですよ。やっときます」なんて言っちゃいそうで怖いです。
これからは、なにをやるにもリスクを考慮して、適切な料金設定でやっていこうと思います。

ただ、料金取るとしても自分だったら1本(1万)くらいでやっちゃいそうですけどね。
5万くらいにしとこうかなぁ。。
業者の皆さん。ごめんなさいっm(__)m

 - CMS, Webデザイン, WordPress, コラム, 会社経営 , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

鉄道自殺数が最も多いのは中央線。鉄道自殺率が最も高いのは高崎線

なんか、ここのところ毎週一回は電車が遅延しています。 つどつどツイッターでつぶや …

派遣社員とフリーランス(市や区)の健康診断の違い

去年の暮から派遣社員をやっております。 それまでは正社員も数ヶ月やってましたが基 …

no image
半角カタカナって使っちゃダメなの?

最近遅筆気味になってしまった。 PLOT-FACTORYホームページに力はいって …

Googleの推める車の自動運転を可能にするには「人を殺すプログラム」が必要とMIT

Googleはじめ、最近ではいろいろなところで自動車の自動運転の話題を耳にします …

ネットメディアが間違いを犯さない理由

以前、「日本メディアがまっぷたつに別れた日」という記事を書いたときに、ネットメデ …

「市場規模マップ」をみて就職先を考えよう

土日は過去にシェアしていた情報を見返して記事書くようにしようかな。こちらは過去に …

no image
同じ名前の会社って作っていいんだね。

帝国データバンク大型倒産速報にて「ユメックス倒産」の記事を見つける。 今の会社に …

CSS2.1まとめ書き-font編(HTML・CSSリファレンス)

HTML5やCSS3がそろそろ出てきそうなこの時期に今更感漂いますが、現在多く使 …

WordPress(ワードプレス)が4.0.1に自動更新。XSS(クロスサイトスクリプティング)攻撃のおそれを回避

人気のCMS「WordPress(ワードプレス)」、オープンソースと言うのは売り …

放送業界全体で初の赤字 【今週のトピック】

「電通」「朝日新聞」「TBS」「日経新聞」に続き、な、なんと放送業界「テレビ・ラ …