新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「さおだけ屋」が潰れないのは詐欺だから

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

世の中には不思議な仕事が存在していて、その多くは詐欺みたいなものだと思うんですよね。
そういった仕事がネットの普及による情報の流通で商売できなくなり、少しずつなくなっていく。
結果、仕事の全体量が減り、自ら首を締めてしまうわけです。
ってか、だから仕事はしなくてももう、大丈夫なんじゃないかと。

文明は飽和して、仕事は必要なくなってきているにもかかわらず、無理やり作り出しているという状況。
まさにダブルスタンダード(ダブスタ)!!

スポンサーリンク
 

冒頭からいきなり話ずれちゃってますが、「さおだけ屋」というのもインターネットの普及でなくなってしまった仕事のうちの一つじゃないかと思うわけです。
少なくても、自分の地域ではもう、「た~けやぁ~~♪さおだけ~~♪」の声を聞くことはなくなりました。

で、その理由ですがそれは詐欺だから。

【さおだけ屋】特商法違反容疑で愛知県警に逮捕される:Birth of Blues

クーリングオフ制度があることを知らせずに高額な物干しざおを売りつけたとして、愛知県警が名古屋市内に住む20代の男を特定商取引法違反(不備書面の交付)の疑いで逮捕したことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

子どもの頃、あの独特の言い回しに一度でいいから買ってみたいという思いがあったのですが、そういう部分も彼らの手法なのかもしれません。
こちらで2ちゃんのスレッドも紹介されていますがそれは酷い酷い。

たとえば、

・さお「だけ」が1000円→加工料別途
・20年前のお値段です
(中略)
「20年前はこの値段でした(今は違います)」

謳い文句の「さおだけ」も「竿竹」ではなく「竿だけ」それ以外は追加料金。だったり、
20年前は1000円だったけど今は違うよ。という意味の「20年前のお値段です」だったり。

普通は3mの竿が必要なのに4mの竿を売ってサイズが大きいからカットしますか?
でカットしたらもう販売拒否できないみたいな状況を作り

カット手数料が恐ろしく高い。ぼったくり。

そもそも加工料は入っていないということで、加工しちゃってからそれを告げるというなんともあくどい手法。

平均6万5000円てすごいな
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20070705_3.pdf

平均で、なんと、6万5000円も取られているというのも凄い。

竿屋<3万になりやーす
客 <2本で1000円って…
竿屋<それは10㎝あたりの値段や
客 <じゃあ要らない
竿屋<もう切ってしまったので払え

結果、こういう商売みたいですね。まあ、ぼったくりバーと一緒です。

俺が知ってるケースでは、「あーこれ物干し台の根元がダメになってるよ。
倒れたら危ないよ。ちょうど替えも乗っけてるからやったげようか」と言って
適当な台座持って来て設置して、全部のセットを10万円で売りつけたケース

中にはまるごとゴッソリ持って行かれてしまう人もいるみたいです。
どうも、断るに断りきれないような人種の方々がやられていることが多いみたいですね。
声かけたら終わり。みたいな。

まあ、インターネットが普及したおかげでこういった悪徳商売は減っていくのでしょうね。
そーいえば、最近、「ピエロのジョニーくん」を全く見なくなったのですが、ひょっとして自分の記事も一役買っちゃったのかなぁなんて思ったり。

ピエロのジョニー君の秘密 | ちほちゅう

にしても、最近話題になったこちらの本はどういった内容のものだったのでしょうかね?
気になります。

PS. 全部の「さおだけ屋」さんが詐欺というわけではないと思いますので最後に付記しておきます。

 - コラム, 会社経営 , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ヤマダ電機の「ヤマダイーブックサイト」7月31日で閉鎖。購入した電子書籍は全て無駄に(当初)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これはちょっと。。 □&nbs …

「小悪魔ageha」のインフォレストが倒産。今までの出版倒産とは毛色が違う

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。数年前まではアゲアゲだった「小 …

冷やしシャンプー始めました

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。夏場になると中華料理店では「冷 …

「美味しんぼ」で話題。放射線(放射能)の低線量被曝で鼻血が出るのは本当

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。まあ、でも鼻血が出るだけです。 …

あけましておめでとうございます2018【年頭初感】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。あけましておめでとうございます …

そろそろ金銭的な安定を【年頭所感】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。毎年やっているので今年もやりま …

自民党大勝の先の衆院選は違法(違憲)。一部選挙区で選挙やり直しの可能性も

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。去年の衆議院議員総選挙において …

セブンイレブンの挽きたてコーヒーの買い方が色々あって面白い

実はセブンイレブンもこのドリップコーヒーを一部店舗でやっていた。
ただ、最近、機械を一新して多くの店舗に一気に取り入れているようだ。
また、それに追随してかローソンやその他コンビニエンスストアでもドリップコーヒーを販売し始めた。


こちらがセブンイレブンの新しいコーヒードリッパー。
個人でも欲しいくらいだが多分メンテナンスが大変なんだろうなぁと思う。

自分もいろいろなところのドリップコーヒーを頂いたが、今のところセブンイレブンの新機械のドリップコーヒーが一番お気に入り。
最近は、どこもコーヒーが美味しくなってきてコンビニだけではなくファーストフード店なんかでも結構美味しいコーヒーが飲めるようになってきた。
そんな中でもセブンイレブンのコーヒーはトップレベルだと思う。

さて、今回はそんな自分の一番のお気に入りであるセブンイレブンのコーヒーについて。
実は、色々なところで購入させていただいているのだが、店舗によって販売の仕方が違うようなのだ。
これはおそらく本部にもなにか狙いがあるのかもしれないが、販売方法はあえて店舗側に任せてしまっているらしい。
といったところで、自分が今まで寄ったことのあるお店でどんな販売方法をとっているのかを紹介。
自分なりの解説を付けていこうと思う。

1. カップを店頭まで持っていく

うちの近所なんかではこの方式が一番多く取り入れられているような気がする。
中にはパンのコーナーの上部にホット用のカップを並べたり、
アイス用の氷入りのカップをアイスクリームのボックスの半分に敷き詰めているような店舗もあった。

2. カードを店頭まで持っていく

これは浦和でいつも利用している駅近くのお店で使っている方法。
たしか、古い機械で以前からドリップコーヒーを売っていた森林公園近くの店舗もこの形だったような気がする。
個人的には、カップを持っていくのよりもスムーズでいいと思う。

3. 店頭で注文する

どの店舗でも通用するのがこの方法。
一度でも購入したことがある人はこれでいいんじゃないかなぁ。
ただし、アイスの場合は店員さんがいちいちアイス用のカップを取りに行かなければならなくなる店舗もあるので、そういったところはちゃんと持って行ってあげたほうがいいかもしれない。

ついでに、販売したての店舗は店員さんが機械に付いて操作方法を教えてくれたりもしているのだが、個人的にはこれはいらないんじゃないかなぁと思う。
というのは、分からない方はレジで聞くと思うからだ。

が、しかし、先日、これをくつがえるような初老男性に遭遇した。
彼は、何を思ったのかレジにいかず、カップも貰わず、ドリップボタンを押してしまったのだ。
当然カップがないのでそのままボタボタと100円分のコーヒーを無駄にしてしまったわけだ。
ひょっとすると自動販売機かなにかだと思ったのかもしれない。
にしても、お金を入れるところがないので先に商品を持って、レジに行くんだと思っていたのかもしれない。

もう、押してしまったものは仕方がないので終わった頃に、「あ、それ、先にカップ購入するんですよ」とだけ言っておいた。
まあ、おそらくそういったこともあるだろうからそれくらいで故障するような作りにはなっていないはず。 

とまあ、色々な売り方、いろいろな人がいるという話。
自動販売機でもない、店頭販売でもない、新しい販売の形を浸透させるのはなかなか大変。
でも、こういった形でどんどん新しい形が生まれてくればそれにともなって人の価値観も変わってくる。
大切な価値観もあれば無駄な価値観もあったりするので、身近なところから少しずつ変えていけば、
無駄なものはフェードアウトし、大切なものだけ残っていくと思う。
なんていうわけの分からない深い話になったところで、さようなら。 

【追記】 
先日、セブンイレブンのアルバイトの女の子に聞いたのですが、ホットと アイスで豆が違うそうです。
ホットは3種類の豆のブレンド、アイスは4種類の豆のブレンドだと言っていました。 
なるほど、おいしいわけです。 

熊本地震被災者がAmazonのほしい物リストで高額(すぎる)商品ゲットで叩かれる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。こちらの記事の続報です。 □ …

未払賃金立替払制度について調べてみた

この件が片付くまではブログを積極的に書くのはやめようと思っていました。というのは …

血液型オヤジ