新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

WordPressの記事(投稿・固定ページ)ごとのパスワード保護はセキュリティの強いサーバーでは動かない

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressには記事ごとにパスワードを掛けることのできる便利な機能があります。
この機能が結構便利でして、純粋にパスワードだけ(IDいらない)でフィルタリングできるし、記事ごとに違うパスワードを設定できたりもします。
ただし、これに頼ってばかりだと大変な目にあいかねません。

特に、社内サーバーを持っている会社さんなんかですがセキュリティ対策を個別にしっかり行なっているところほど、動かない可能性があります。
しかも、困ったことに社内においてテストしてもしっかり反映されてしまうんですよね。

WordPressのPASSWORD機能

記事や固定ページ投稿時にこちらで設定できる機能です。

スポンサーリンク
 

実は、WordPressの個別ページ及び投稿のパスワード保護機能はWordPressシステムのログインを司るwp-login.phpを利用しているようなんです。

つまり、そこに不特定多数がアクセスできるようにしておくと無作為に連続でパスワードを入力される等の攻撃を受けかねないわけです。

そこで、WordPressを導入されている会社には結構多いようなのですが、「wp-login.php」には社内のIP及び一部の外注先以外はアクセスすることができなくなっていたんです。

で、結果パスワード入力画面までは遷移するのですがパスワードを入力すると「403 Forbidden」エラーになってしまう。
結論から言うとセキュリティを取るか便利さを取るかの選択となり、結果、ベーシック認証等別の手が使えるWordPressの記事ごとのパスワード保護機能を諦めるという形に収まりました。
ちなみに、解決策としては
  • wp-login.php」にフルアクセスさせる
  • .htaccess等を使って一部のIPは通すようにする

等が考えられますが、前者は社内規定でNG。
後者もホワイトリスト方式ですとかなり狭まれるし、かといってブラックリスト方式ですとイタチごっこになりかねません。

まあ、個人運営のサイトであればぶっちゃけ「wp-login.php」にフルアクセス(初期設定)させちゃって別の手を考えますけどね。
まあ、会社という組織なんで仕方ありません。

以下のサイトが参考になりました。ありがとうございました。

【WordPress】パスワードかけた固定ページに入ろうとしたら403Errorになった

情報源: 【WordPress】パスワードかけた固定ページに入ろうとしたら403Errorになった

 - WordPress, セキュリティ, トラブル , , , ,

アドセンス広告メイン

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

イージスノヴァ(AEGISNOVA)東京のアノマリーメダルがまだ来ない。Gmailの別アカウントでのチケット購入がまずかった?【INGRESS】

あーあ。 ひょっとするともうこないのかもしれないなぁ。。 実はですね。 アノマリ …

iPhoneでWi-fiの調子が悪くなったら「機内モード」

こちらの記事からの派生。単独でネタにしておく。  

勢いで「殺すぞ」と書き込むと逮捕されるので注意

当ブログもコメント削除は管理人しかできませんので注意しましょう。 □  …

no image
秋葉原で通り魔。7人死亡10人以上が負傷

最初にニュースを知ったのはバスの中。 当日は山登りに行っていて、帰りにケータイで …

ケータイなくした

ケータイ電話が見つからない。 そんなときはまず、家の電話からケータイ電話の番号を …

WordPress(ワードプレス)でトップページ以外にブログトップを設置する方法【完全版】 #wp

つぶくまブログの「←古い投稿」リンクが正常に動かなかったので修正することにした。 …

いろいろな食品の放射線量を公開しているサイト

もう、震災から1年半近くすぎてしまうと、どうもそんなに気にしなくなってしまいます …

SNSでアップした画像は削除できないことがある

SNSでは、画像を削除してもしっかり削除できないことがあるようです。 □削除した …

「ビットコイン(Bitcoin)」ハッキング被害で400億消滅?やっぱだめかもわからんね

先日より、取引のできなくなっていた東京都渋谷区にあるビットコイン取引所「マウント …

no image
McAfeeその後

さっそくMcAfeeからメールが届きました。