新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

豊洲市場より築地市場は危険? 小池百合子知事の豊洲マッチポンプをわかり易く解説

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

騒げば話題になり、そこに正しいところが少しでもあればそれは名声につながってくるのかもしれません。
ただ、やり過ぎはいけない。

豊洲の件に関しても、先延ばしすればするほど税金の無駄遣いをしてるってことですから、そろそろ都民も疑問を抱いているんじゃないでしょうか。

豊洲の飛行機雲
豊洲の飛行機雲

スポンサーリンク
 

結論から言うと、豊洲にもたしかにいろいろ問題はあるようですが、豊洲以上に築地は危険だということのようです。
アゴラこども版で非常にわかり易く解説されていました。


土壌汚染対策法にも「盛り土またはコンクリートで汚染を遮断すれば足りる」と書かれており、汚染をゼロにすることは求められていません。コンクリートで遮断すれば、盛り土は必要ないのです。
それより問題は、豊洲に引っ越さないと築地を使い続けないといけないことです。築地は上の写真のように魚が地面に直接ころがされ、そこを長靴をはいた人が通るので不潔です。100メートル離れたところに晴海通りがあり、排気ガスがたくさん入ってきます。特に心配なのは、発がん性の強いアスベストが建物にたくさん使われ、空気中に飛び散ることです。
コンクリートの下の地下水の汚染は魚に無関係ですが、排気ガスやアスベストにさらされると危険です。要するに、築地は豊洲より危険なのです

情報源: 豊洲と築地のどっちが危険なの?

豊洲市場の意味のない危険を煽って、現実的に問題のある築地市場に居続けるというのはいかがなものか?

これをはっきりと理解するために調査をしているのでしょうが、そこに色んな人の利権が絡んできてわけの分からんことになってきちゃっているんでしょう。
知事が自ら招いたんでしょうけど。

おそらく、石原都政のときに散々話し合った話をもう一度掘り起こしてやっているような気がしますね。
納得行くまで税金かけて調査して納得できたら移転すればそれはそれでいいんでしょうけど、だったら石原さんにもう一期やってもらったほうがよほど無駄金使わずに済んだ思うのですが。。

まあ、そういう仕組みなんで仕方がありません。
今回の件で、確実に築地市場よりも豊洲市場の方が安全であるというのが証明できたら、それはそれでいいんじゃないでしょうかね。

怖いのはだから女はだめなんだと思われてしまうこと。
韓国の女性大統領もいろいろ問題あったようですが、個人的には女の人好きなので、是非、頑張って欲しいと思います。

 - コラム , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

自動車運転免許証はどんどん進化する。サイズ変更→ICチップ内蔵→臓器提供の意思表示欄→そして

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ゴールデンウィーク中に行った一 …

参議院で可決、成立した「特定秘密保護法」に「共謀罪」。そして憲法に違反(違憲)する可能性が

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そもそもからして、こういった法 …

「ベーシックインカム」スイスの国民投票では7割以上が導入否決

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。わが日本ではいつかはベーシック …

「お正月」は七日(松の内)まで、「元旦」が「元日」の朝(午前中)は誤り

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんかもう、正月も随分前のよう …

UFOキャッチャー(クレーンゲーム)紆余曲折

今やゲームセンターといえばコインゲームと双璧をなす存在にまでなっているUFOキャ …

格差の広がる未来の生き方。子どもは一人っ子、給料は消費よりも投資に回せ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。アベノミクスが原因で格差が広が …

ひょっとしたら朝食は抜いたほうが体にいいかもしれない

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。朝食しっかり派の自分ですから、 …

「消費税を上げなければ税収は増えていた」と安倍首相は愚痴っているらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。安倍首相が消費税増税について語 …

スマホ(スマートフォン)のお陰で通勤2時間全く苦なし(Radiko、Hulu、dマガジン、パズドラ等)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。渋谷まで通ってやっていた正社員 …

「今年の新語2016」大賞は「ほぼほぼ」。ほぼほぼ予想通りだった

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。毎年、流行語大賞(新語・流行語 …