新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

JPEGを更に圧縮。Googleの新画像エンコーダー「Guetzli(グェツリ)」

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

え?
JPEGってその地点で圧縮されているからこれ以上は圧縮できないものだとおもっていたのですが。。

Googleが新しい圧縮アルゴリズムを採用する画像エンコーダー「Guetzli」を発表しました。読みは「グェツリ」。Googleは通常の圧縮処理に比べ、画質を保ったまま35%小さいJPEG画像を生成できると主張します。

情報源: Google、JPEGを35%縮小する新エンコーダ「Guetzli」発表。画質は同じでファイルサイズ削減

Googleスゲぇ!!

GoogleGoogle / Keng Susumpow

スポンサーリンク
 

実は、以前もGoogleはWebPフォーマットというJPEG比最大35%の圧縮率を誇る画像圧縮技術を持っていました。
ところが、残念なことに「Google Chrome」以外のブラウザ側が対応してくれず、一般的にはならなかった。

今回は、ファイルフォーマットではなく、エンコーダーとのことで、できるファイルはJPEG。
つまり、既存のJPEG以上に圧縮率の高いJPEGファイルが作れるようになったということのようです。

ただ、気になる部分もありまして。

もちろん検索アルゴリズムをはたらかせる分、圧縮プロセスには時間がかかってしまいます。しかしGoogleによれば、人間のテスターに評価させたところGuetzliを使って作り出した画像のほうが生成に時間はかかるものの、より好印象だったとのこと。Googleは「これだけの画質なら圧縮時間を待つだけの価値がある」としています。

圧縮プロセスに時間がかかってしまうとのこと。
これ、ファイルを作り出すのに時間がかかるということであって、ブラウザでの表示に時間がかかるってことじゃないですよね?

たとえそうだとしても35%もの圧縮率増加は魅力的。
これは、期待がもてるんじゃないでしょうか。

もっとも、作りだすアプリ側(「Illustrator」や「Photoshop」等)が対応してくれない限りは使えないわけですから、早く一般的になって、様々なアプリで使えるようになって欲しいです。

 - 告知・紹介・ニュース , , , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

最後まで見てしまうYouTube広告「あべりょう」の「核攻撃サバイバー」で涙

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。YouTubeやニコニコ動画で …

no image
「iPhone 8/8 Plus/X」発表。目玉はホームボタンのなくなったX(テン)の顔認証

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。新型iPhoneが発表されまし …

iPhoneゲームはやっぱこれ「つみネコ」【iPhoneアプリ】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。メジャーすぎてここで扱う必要が …

Twitter(ツイッター)がダウン。さてどうする?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。本日、Twitter(ツイッタ …

この季節、「今日の重ね着」が便利です

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。季節の変わり目の今日この頃、い …

佐々木岳久展「実存-内奥に谺する歪み」in宇都宮

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。当ブログで何度か紹介させていた …

電気消し忘れも安心。スマホ(スマートフォン)で家電が遠隔操作できるようになる【法律編】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんと、近いうちにスマホがリモ …

no image
全俺が泣いた!「ゲーセンで出会った不思議な子の話」が切なすぎる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。時折、名スレッドの立つ「2ちゃ …

Androidにもあった。Androidを探す「Plan B」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、iOS5になってつかえる …

Macintosh新OS「Snow Leopard」発売 【今週のトピック】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□Mac OS X 10.6 …

血液型オヤジ