新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「忘れられる権利」もう始まってた!Google(グーグル)既に数万件のリンクを削除

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

海外でのお話。
Googleが「忘れられる権利」の要請に対して数万件のリンクを削除する等の対応をとったとのこと。。

□ グーグル、「忘れられる権利」要請の50%以上に対応 – CNET Japan

Googleは米国時間7月25日、5月以降に同社が受理して対応した「忘れられる権利」の要請のうち、半数以上を承認したことを明らかにした。その結果、数万件のリンクがGoogleのサイトから削除されたという。
(中略)
Googleが25日に述べたところでは、要請の50%以上を承認する一方で、約15%についてはさらに詳しい情報を要求し、30%以上の申請については削除を拒否したという。

ゴミ箱

スポンサーリンク
 

とは言え、全てが全て削除されているというわけではなく、30%以上拒否られているようです。
この辺りの基準がどうなっているのか知りたいところですね。

Googleがこういった対応を始めたのは欧州連合(EU)が定めた「忘れられる権利」の規制が影響しているとのこと。
日本ではまだ法的に整備されてなかったりするみたいなので、日本で行われるのはまだまだ先の話になるのかもしれません。

ただ、日本でも既にブログポータルサイト等(例えばlivedoor Blog)では個別の対応は進めていまして、
たとえば、自分なんかも警告、記事の修正(もしくは削除)を要請されたことがあります。
また、一方でGoogleなどでもとある理由から広告を止められたりといったこともあったりして。。

そう考えると日本でも「個人情報保護法」もあってかそれなりに個人情報に関しては厳しい目が向けられるようになってきている気がします。

近いところでは長崎県佐世保市で同級生を殺害した女子高生の個人情報がいたるところで目に入ってきますが、こういったものも、やはり対象となってくるんでしょうか。
また、芸能人なんかの場合は?

なんか、いろいろと問題もありそうな「忘れられる権利」ですが、これもまた新しい時代の新しい権利ということなんでしょうかね。 

 - 告知・紹介・ニュース, 雑談

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

押尾くんと酒井さん。命と薬どっちが大事?(8/8追記)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。押尾学さんが合成麻薬「MDMA …

「フツー」は「マズい」?ラーメン店のライターに対するツイートが炎上

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。思ったことを口にするのは簡単で …

バカッターツイートばかりを集めたツイッターアカウント

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。もうね。いろいろな理由があると …

これは新手のサイバーテロ? リアル(USBメモリをポストに投函)からマルウェアに感染させる手法がオーストラリアで発生

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんでも、ポストに無作為にUS …

ホリエモンの「拝金」をiPhoneで読む方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ホリエモンこと堀江貴文氏の自分 …

LINE発のゲーム次々登場!「LINE POP」や「LINE Play」等

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今年、一番ブレイクしたネットサ …

Adobe(アドビ)のDTP3種の神器「Creative Suite 2(CS2)」が無料でダウンロードできるらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。随分前からうわさで聞いていたの …

「柳美里」原作、キャラメルボックス「雨と夢のあとに」をサンシャイン劇場で観てきた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。もともと、「キャラメルボックス …

置いておくと水ができている魔法の水筒「Fontus」。アウトドアに最適。いざというときのためにも

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。こういったもの、持っておくと、 …

あなたのつぶやきがお金になる。つぶやき広告サービス「つあど」【配信編】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。インターネットには「アフィリエ …