新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「ネットヲチ」とはどんな意味?

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

あるブログでよく使われている「ネットヲチ(ネトヲチ)」という言葉の意味を調べてみた。
ネットスラングってたくさんありすぎていまだに使いこなせてない。
ようやく最近、Twitterで抵抗なく「なう」が使えるようになったところ。
(なう:「now=今」と同義。今、していることをつぶやくときに使われる。「お昼ごはんなう」等)

【yuwa激オチシリーズ網戸・サッシクリーナー520ml】[受注発注]※5250円以上送料無料※キャンセル・変更・返品交換不可※ご注文後商品を発注致します※10P18Aug09
【yuwa激オチシリーズ網戸・サッシクリーナー520ml】[受注発注]※5250円以上送料無料※キャンセル・変更・返品交換不可※ご注文後商品を発注致します※10P18Aug09

スポンサーリンク
 

さっそく「ネットヲチ」でググる(Googleで検索する)と「もしかして: ネトヲチ」といわれたので「ネトヲチ」で再度ググる。
すると、トップにヒットしたのが
ネットウォッチ@2ch掲示板
やはり、2ちゃん用語だったんですね。でも、ネットウォッチって「net watch」=「ネット観察」ってことですよね?
それじゃあまりにもつまらなすぎる。

そこで、「ネット」=「インターネット」は良しとして「ヲチ」だけで再度ググる。
するとはてなキーワードがヒット
ヲチとは – はてなキーワード

ヲチ≒watch
【watch】「香ばしい」サイトを安全なところから「生暖かく」見守る行為。
cf. ウォッチャー(ヲチャー)、ヲチ板

うーむ。いまいち分からん。
「香ばしい」と「生暖かく」ってのがポイントのようだ。

そこで今度は「香ばしい」をググる。すると今度は同人用語がヒットした。
香ばしい/ 同人用語の基礎知識/ 香ばしい人

行動や言動、あるいは書き込み内容が 「ちょっと人と違う」 ような人、そこはかとなく頭がおかしい感じがする、ほとんど犯罪者的な感じ、どす黒い何かを隠し持っている感じ、何かがプンプン匂うような、そんなヤバ目な人を指す言葉です。

さらに「生暖かく」でも検索すると、今度はYahoo!知恵袋がヒット。
生暖かく見守る? – Yahoo!知恵袋

応援する気はないけど、観察はしたい、あわよくば突っ込みたい、みたいな感じです。
「冷たい目で見る」と「温かい目で見守る」の中間。

なるほど、これでだいたい読めた。
「ちょっと人と違う意見を持った人をあわよくば突っ込むために観察する」
だいたいこういった意味だろう。

これで、最初に話したあるブログがネットヲチをよく使っているのがわかった。
そんなあるブログとは
土曜の夜、牛と吼える。青瓢箪。
最近はリアルヲチの記事が多く、ネットヲチ系の記事は少なめなようです。

 - Webデザイン, 雑談

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
東京おもちゃショー2011開催【今週のトピック】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□ 「東京おもちゃシ …

リュック・ベッソン監督作品「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。リュック・ベッソン監督作品とい …

元祖激カワ女優の母が泣く、転落タレント「坂口杏里」、現役ソープ嬢の噂&AVデビュー

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。我々中年男子が高校生のとき、ち …

日本のサンタクロースはひょうきんなおじさん

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そろそろクリスマスの話題でも振 …

郊外ハブ駅の朝の通勤ラッシュ時の電車で必ず座れる方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。皆さんは通勤電車で必ず座ろうと …

親が倒れたらまずは介護保険の要介護認定をとろう

こちらの記事の続きです。 ということで、救急車で運ばれ一命をとりとめた親父は体調 …

no image
WikiLeaksアサンジ氏について色々【今週のトピック】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今週はWikiLeaks(ウィ …

「東京ビッグサイト」と「ビックカメラ」の違い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、「スマートフォン&amp …

「今年の新語2016」大賞は「ほぼほぼ」。ほぼほぼ予想通りだった

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。毎年、流行語大賞(新語・流行語 …

ネットメディアが間違いを犯さない理由

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、「日本メディアがまっぷた …