新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

DMMより未納料金請求メールがショートメールに届く。相談窓口の「03-6362-9968」はマジなのか?

      2016/09/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりにドキッとするようなメールを受け取ったので晒します。

クソ詐欺メール

なぜSMS(ショートメール)なのかは不明ですがDMM.comのCMでメジャーになったDMMさんから未払い料金の請求がきたのです。
相談窓口として03-6362-9968の電話番号が書いてあり、こちらに連絡をしてくれとのことのようです。
法的手続きも辞さない構えとのことで、身に覚えがないだけにこれはちょっと困ってしまいました。

スポンサーリンク
 

そういえば、随分前にDMMにアカウント作って無料期間だけ楽しんでほったらかしにしていたことがありました。
ひょっとしたらその時になんらかの操作ミスで有料コンテンツに入り込んでしまい、その時の支払いのことを言ってるのかもしれない。
なんてふうに最初は思ってました。

電話番号のところをタップすればすぐ電話がかけられるのですがとは言え、仕事中、
ここはひとつ、長タップにしてテキストをコピー。
電話番号で念のためGoogle検索してみると。

クソ詐欺メール検索結果

なんだ、詐欺か。

それにしても素早い。
3時間前とか、なんと4分前の情報もインデックスされてます。
悪徳先行者よりも速く、そういった番号を晒すサイトが有るというのは心強い、
そして、それを即座にインデックス化してくれるGoogleさんはやっぱり神です。

一方で、根も葉もない噂話も同じレベルで広まるってことですから一長一短なのかもしれません。

さて、今までも何度かこういったうんこたれメール(スパムメールというのすらおこがましい)をネタにしてきていますが、
その度にまずはググれと言ってきたと思います。
もしくは、最近ではツイッター検索というのもいい手ですね。

ちなみに、SMS上でテキストをコピーするのは長タップ。
タップして指を離さずそのまま少しおいておくと以下の様なメニューがでます。

%e3%82%af%e3%82%bd%e8%a9%90%e6%ac%ba%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e9%95%b7%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%97

ここで「テキストをコピー」を選びます。
全文コピーされちゃうので無駄な部分は削除して検索しましょう。
間違っても「共有」とかしないように。

なお、電話番号のところをタップしちゃうと電話しちゃう可能性があるので注意。(そのあと、もうワンタップしないとですが)
電話しちゃったら最後、相手に番号が知れてしまうので、しつこく脅迫めいた電話がかかってくることでしょう。
どんな感じかは以下の記事を参考にしてみてください。

債権回収詐欺(ヤミ金騒動)に巻き込まれて学んだこと、感じたこと【まとめ】

 

 - セキュリティ, パソコン教室 , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ツイッター(Twitter)でツイートを読まれたくなければ鍵かけて(ロックして)ブロック

過去に書いた記事シリーズ。今回はツイッター。 未だに意外と認識を間違っている人が …

Skypeにもウイルス、不明な添付ファイルは開かないでFA

以前からあったみたいだが、再びSkype(スカイプ)を通じで広がるウイルス(ワー …

no image
無駄なプリンターを表示させない方法

会社でパソコン(Windows XP)を使っていると、なぜか知らないが勝手にプリ …

iPhoneに現れる謎のメール受信画面の原因を追え

いつからかiPhone(アイフォーン)に謎のメール受信画面が表示されるようになっ …

「WPAが数秒から数十秒で破られる」は誤報

ずいぶん前に書いた記事なので追記ではなく単独記事とします。 そもそも追記に値する …

DreamweaverとFC2ホームページで作るサイト定義(後編)

前編 → 後編 → 公開編 さてさて、FC2ホームページでサーバーをレンタルした …

100円パソコン詐欺にあったら

以前話題にしたイーモバイルがやっている100円パソコンで詐欺騒動があったそうだ。 …

「Adobe Creative Cloud」ユーザー注意! クレジットカード情報が抜き取られた可能性

要約すると、「9月11日~9月17日にかけて一部の顧客注文情報に不正アクセスがあった」とのこと。
Adobeの調査によると「不正アクセスにより顧客名、クレジットカード番号、有効期限等が抜き取られた可能性」があるということです。
つまり、「クレジットカードの不正利用」 の可能性があるとのことで、ご自身で調べていただきたいとのこと。

さっそく調べてみたところ、自分は一先ず大丈夫だった様子。
ただし、今後も危険性は拭えないので、注意が必要だと思います。

自分の場合は「Adobe Creative Cloud」を契約しているためにAdobe社にクレジットカード情報を提供していました。
とりあえず、仕事で使ってるもんだから今更解約もできないし。。
あとは、定期的にチェックしながらもAdobeさんを信じて沈静化を待つしかないのかもしれないですね。

なお、ちょっと前にニュースになっていたようです。
□ Adobeへのサイバー攻撃、不正アクセスの影響は3800万人に – ITmedia ニュース 

まさかこういったことが自分の身に振りかかるとは。。 

ツイッター(Twitter)で他人のタイムライン(TL)が見れるように

これはどうなんだろうなぁ。。 ツイッター(Twitter)で自分以外のアカウント …

Flash(フラッシュ)でGifアニメを作るときの注意点

先日、とあるサイトでGifアニメを使おうと、当初、Photoshopで作ろうと思 …