新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「All in one SEO Pack」を入れて最初の設定【WordPressプラグイン】

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログ、あまりSEOに関しては対策しておりません。
そもそも、WordPressが比較的SEOに強いというのもあったり、さらに使っているテーマ(スティンガー)もSEOに強いらしいという話もあって、ぶっちゃけその二つ頼みで放置してました。

が、それじゃいかんと最近また思い始めてきました。
過去には大量のSEO関連の記事を書いていたこともありましたしねぇ。。

もっとも、最終的にはコンテンツであることには変わりないとは思っていますので、もっと内容頑張れよとそういう話なのですが(「パズドラ」、「モンスト」辞めない限りは無理だろ-なぁ。。)何でもネタになるし、SEOも最近随分変わって来ているみたいなので、再度注視していこうかと。

で、さっそくプラグインに頼ろうとしたわけです。
それじゃ駄目じゃん(by春風亭昇太)なんですが、まあ、できれば楽したいじゃないですか。

アゲアゲアゲアゲなるか?

スポンサーリンク
 

もちろん、選んだのは「All in one SEO Pack」。
ページごとに独自のディスクリプション、キーワード、そして、タイトルもブログタイトルとは別にSEO用で用意することが出来るという優れものです。

□ WordPress › All in One SEO Pack « WordPress Plugins

でもこのツール、初期設定のままだといろいろ逆効果な部分もあったりするので、インストールしたらまず最初に見ておいたほうがいいところを解説していこうと思います。

  1. 上記リンクよりインストールが完了したら初期設定。
    「All in One SEO」→「General Setting」といきます。
    AllinONESEOTools01
  2. ここが偉い長いのですが見るべき場所は下の方にある「Noindex Settings」。
    ここの3つのチェックを外します。
    AllinONESEOPack02

ってか、ここだけ。

それぞれなにを表していてなんでいけないかですが、そもそも「Noindex Settings」ってのはGoogleにインデックスさせない。登録させないための設定なわけです。
つまり、ここで設定しておくと検索にヒットしなくなる。

検索にヒットしなくなるということはそのページヘの流入がかなり限定されるということで、検索流入の多いサイト、ブログなどですと8割以上が検索流入なんてサイトもあるくらいなのでかなり損することになります。

特に最初の「カテゴリーをnoindexにする」のはよろしくないと思います。
カテゴリー自体がキーワードになっていて流入口が減るだけではなく、SEOにも何らかの影響があるとも考えられます。

「Use noindex for Date Archives」は月ごと日ごとのアーカイブ。こちらもできればインデックスしたい。

まあ、「Use noindex for Author Archives」は著者ごとのアーカイブですのでこれくらいはいいかもしれませんね。
でも、こちらもチェックを外しておきましょう。

それでは何故、初期設定でカテゴリや月ごとのアーカイブをnoindexにしちゃってるかですが、考えられるのはサイト構造です。
実は、サイト構造にもSEOに最適なサイト構造があって、それを実現するためにカテゴリーや月ごとのアーカイブが邪魔になるという考え。
カテゴリに関してはタグで代用できますし、タグのほうが無尽蔵に増やせるので使い勝手がよいんですよね。

ただし、個人的には流入口が多ければ多いほどいいと思ってまして、加えて去年10月のブログ移転でタグがインポートできず、タグページ全滅ということもあり、上記設定に関しては全てチェックを外すという方向で運営しようと思っています。

とは言え、ツールでは限界があったりするのでひょっとしたらまた別の方法考えるかもしれません。
最近ではSEOよりもソーシャル対策、メタキーワードよりも「OGP」という流れもありますしね。

現状に満足せず、さらに上を、PVを増やすべく頑張っていきます!

 - SEO・SEM, WordPress , , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
関連検索ワード

最近、YahooにもGoogleにも関連検索ワードってのがある。

2014年1月のヒットキーワードとヒットページ

そうそう、ヒットキーワードとヒットページの記事を書かないとですね。これだけは、必 …

no image
2012年3月のヒットキーワードとヒットページ

個人的にはなかなか春は訪れて来ませんが世間は徐々に春に向かってきているようです。 …

2013年3月のヒットキーワードとヒットページ(本当)

今月もさほど大きな動きはなく、日数分だけ全体的に増えたといったところでしょうか。 …

no image
Googleに最強マーケティングツール登場!!

グーグル、検索語分析ツール「Google Insights for Search …

2014年8月のヒットキーワードとヒットページ

なんか、今年の夏はあっという間に過ぎ去ってしまいました。年をとると時間の立つのが …

2014年4月のヒットキーワードとヒットページ

4月は出会い、そして別れの季節です。進学や入社等、人生の節目になるのも4月。 そ …

no image
リンクファームを使ったSEO会社の手法(予測)

リンクファームを使ったSEO会社の手の内を考えてみた。

「RSS Graffiti」経由の同期よりも手動同期のほうが反響がいい【Facebookページ】

タイトルのとおりです。 「RSS Graffiti」の調子がイマイチということで …

no image
2012年1月のヒットキーワードとヒットページ

以前の実績から12月PVが落ちても年が明けた1月は持ち直すだろうと予測していまし …