新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

Illustrator(イラストレーター)でマウス操作にSHIFT(シフト)キーやALT(オルト)キーを組み合わせる場合は「マウスクリック」→「キーをプレス」の順番

      2014/11/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Illustrator(イラストレーター)を使い始めて約20年、本格的にはここ数年ですが教え始めて約10年。。
そんな自分ですが、なんと、未だに自由変形ツールが使いこなせません。
バウンディングボックスはいいんですよ。結構自由に使いこなしています。
各種変形ツールも問題無いと思います。SHIFT(シフト)キー、ALT(オルト)キーを加えてコピー、平行移動等、使いこなしています。

が、自由変形ツールだけはどうもダメ。めったに使うことが無いからというのもあるのですが。。

自由変形ツール01
自由変形ツールをALTキー、SHIFTキーと組み合わせて使うと図形を歪ませることもできます。

スポンサーリンク
 

そこで、全てのマウス操作にSHIFTキーやALTキーを加えるときのコツをまとめておくことにしました。
そうしたら、非常にシンプルにまとめられることができました。

それは。。

「マウスをクリックしてからキーを押す」 です。
一方で、離すとき(ドラッグをやめる時)は「マウスから先に手を離してキーを離す」となります。

この法則で殆どのイラストレーター上の操作が可能となります。

例えばバウンディングボックスをつかった拡大縮小。
バウンディングボックス

例えば選択ツールを使ったオブジェクトのコピー及び移動。
選択ツールでコピー

例えば各種変形ツール(回転ツール、シアーツール、リフレクトツール等)を使った変形、及びコピー。
回転ツール

など、 全てにおいて

「マウスクリック」→「ドラッグ」→「キーを押す(SHIFT、ALT等)」→「ドロップ(マウスを離す)」→「キーを離す」

という流れで操作すれば何ら問題なくお望み通りの動きをしてくれるんですよね。

ちなみに、自分の環境ではマウスは使っていないので

「ダブルタップ」→「ドラッグ」→「キーを押す(SHIFT、ALT等)」→「ドロップ(タップした指を離す)」→「キーを離す」

という流れになりますね。

何はともあれ、キーよりマウス(トラックパット)が先の法則は覚えておいて損はないと思います。 

 - Illustrator(イラストレータ), パソコン教室, 覚え書き

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Skype(スカイプ)を使ってチャットをするまで(インストール編)

1. ID取得編 → 2. インストール編 →&n …

最近のイラストレーター(Illustrator)aiデータはAdobe Readerでプレビューできる【DTP】

Illustratorのデータ(aiデータ)でデザイナーさんからデータをもらった …

テキストが選択できないPDFファイルからテキストを抽出する方法

時々、PDFファイルを渡されて「これをホームページにしてくれない」と言われること …

「Twitter for iPhone」でDM(ダイレクトメッセージ)を送信する方法

iPhoneのツイッター公式クライアント「Twitter for iPhone」 …

no image
Dreamweaverでよく使う正規表現

Dreamweaverを使っていてこれだけは覚えておきたい正規表現です。 本当に …

Windowsキー(Windowsロゴキー)を使った便利なショートカット

先日書いた記事「左下クイック起動アイコンに「デスクトップの表示」を再登録する方法 …

no image
YouTubeとFacebookを連携させる方法

ここのところ連携を止める方法を何度かネタにしましたが、久しぶりに連携をする方法を …

no image
「プログラムの追加と削除」に残ってしまったアプリを消す方法

「コントロールパネル」にある「プログラムの追加と削除」はインストールしたプログラ …

モニターを一瞬で黒一色にする方法(物撮りに便利)

ちょくちょく缶コーヒーや缶ビールの写真を投稿している自分ですが、意外と背景には気 …

Googleドキュメントは便利。が、デザイン性に難有り?

ここのところ、Googleドキュメントを使って企画書を書かせていただくことが多い …