新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

学校(パソコン教室等)でFC2ホームページにアクセスできなくなった場合の対処法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

個人で行っているマンツーマンのパソコン教室ではまずありえないことですが、
大勢を相手に行っているパソコン教室等に置いては、生徒さんが一気に同じサイトにログインすることで、アカウント凍結されてしまうことがあります。
たとえば、ホームページのアップロードの手順を実践的に覚えていただく時などに、無料のレンタルサーバーを契約していただき、そこにアップロードしていただくのですが、その際、早い者勝ちで一部の生徒さんがアップロードできなくなってしまうんです。

むむむ。。

スポンサーリンク
 

なお、今回使ったサーバーはFC2ホームページ。
アダルト系の広告に目をつぶれば、無料で広告のない(リンクは入ります)サーバーがレンタルできるのでテスト用に最適です。

さて、そんなFC2にログインできなくなった人が出てしまった場合は以下のどれかの手順を踏むといいでしょう。

  1. 個別にアカウントを取ってもらうのではなく、1つのアカウントが取得したFTPサーバーに全員でアクセスしていただく。

が、この場合もロックされてしまう可能性なきにしもあらず。

  1. 個人で用意しているモバイルWi-Fiルーターや、スマートフォンテザリングなどを経由してアップロードしてもらう。

これも全員が持っているわけではありませんもんね。
(それ以前に学校のパソコンがWi-Fiに対応していないかもしれませんし。。)

で、一番確実なのは下記サイトにある手順。
□ FC2ヘルプ | FC2ホームページ | 教育機関でのご利用について
つまり、

  1. FC2に問い合わせて制限を解除してもらう。

といった手順。

ただしこれも

※申請時のメールアドレスのドメインが教育機関(.acや.ed等)以外の場合は対応致しかねますのでご了承ください。

といった壁があるのです。

これは困った。。

ということで、FTPツールを使ってホームページのデータをアップロードするというのは非常に重要なのですが残念ながら個別の実演は無し。
あとは、「ご自宅に返ってから試してみてください。」ということで終わりにしておきました。 

セキュリティを強くすると不便が生まれてしまうというのは致し方ないところですが、
不便な部分にこそビジネスチャンスが転がっていると思うので、前向きにやっていこうと思ってます。

 - ユーザビリティ, 覚え書き

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
meta refreshを使わずに自動でリンクに飛ばす方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。CGIスクリプトの仕様で、1つ …

no image
無駄なプリンターを表示させない方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。会社でパソコン(Windows …

Dreamweaverの同期機能を使いこなす。動的サイトは「クローク」機能で同期対象から外す

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いや、こんな便利な機能だったら …

「key1」と「key2」。配色の話

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。様々な人が様々な感性をもってい …

「use strict」に対応させる簡単な改造方法【perl】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。色々なところでperlのプログ …

日本はいつ?Facebook(フェイスブック)のグラフ検索でポスト本文が検索対象に

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。日本ではなかなか始まるに至って …

科学的に証明されている不幸になる行動。SNSをやらたと見る、いつも忙しくする、等

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以下の行動をついついとってしま …

楽天アフィリエイトは儲かるらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。アフィリエイトリンクを入れる際 …

no image
ページランクまとめ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。過去ログみてもページランクの仕 …

mixiは何がやりたいか分からなくなってきているんだと思う

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今日、パソコン教室中に生徒さん …

血液型オヤジ