新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

ワードプレス(WordPress)でSEO。「All in One SEO Pack」 #wp

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ワードプレス(Wordpress)でサイトマップを簡単に作れるプラグインを紹介しましたが、今回紹介するのはSEO対策が簡単にできるワードプレス(Wordpress)のプラグイン。
SEOのプロからすればそんなのSEOじゃないよと言われそうですが、一通りの機能を持っていて、とりあえず、内部SEOに関してはおさえられているようなので導入することにしました。

□ WordPress › All in One SEO Pack ≪ WordPress Plugins

スポンサーリンク
 

こちらも検索でヒットするので「プラグイン」→「新規追加」で「All in One SEO Pack」を検索してダウンロードしてインストール、有効化までしておきましょう。
昔はインストールっていうと一仕事だったのに時代は変わりましたねぇ。。

さて、インストールが成功すると「設定」メニューに「All in One SEO Pack」が加わります。
こちらを選択すると以下の設定ページが開きます。

All-in-One-SEOの設定

「プラグイン状況」を「Enabled」に設定することで「All in One SEO」の設定が反映されるようになります。
他、だいたい赤で囲んだ部分のみ考えればあとは初期設定通りでいいでしょう。

下のほうに降りていくと、各種ページタイトルの設定部分がありますが、
こちらを見ると、ブログタイトルの前にページタイトル等が来ているのがわかると思います。
これはどういった意味を持つかというと、ページタイトルや投稿タイトルが非常にSEO上重要であるということです。
これはブログをやっている方であればあたりまえなのかもしれませんが、意外と忘れがちなので覚えておいたほうがいいでしょうね。

ちなみにタイトルというのは投稿時に一番最初に書くところ。
タイトルの場所
こちらになります。

タイトルはデザインとの絡みを考えて、旨く設定するといいと思います。
自分の場合は固定ページに関してはタイトルは本当に<title>だけに反映されて、<body>内の要素としては配置していません。
場合によってはタイトルを<h1>にして<body>内に配置するというのもいいかもしれませんね。

 - CMS, SEO・SEM, WordPress, 覚え書き , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

謎のランディングページ

一時期、ある一つの記事でこのブログが1000PV/日を越えた。 その記事とは「ド …

PhotoshopCS3で境界線を調整できない

PhotoshopCS3の売りの一つであるクイック選択ツールを試してみた。 これ …

レストランで料理の写真を撮ってブログにアップすると違法?

などというドキッとするようなタイトルの記事を発見。結論はどっち? □  …

no image
Twitter(ツイッター)でbot(ボット)を見極める方法

ツイッターの使い方は人それぞれだと思います。 僕は、自分からフォローもしますがフ …

「Outlook Express」受信したメールデータのお引越し

「Outlook Express」で受信・送信したメールデータを別のマシンに移動 …

Remember The Milk(RTM)のタスクをTwitter(ツイッター)と連携する方法

以前、Twitter(ツイッター)にブログの更新情報を流すために使っていたTwi …

no image
2008年8月のヒットキーワードとヒットページ

夏休みも終わりました。社会人にはそんなもん関係ないけどね。 印刷業に限ってはこの …

内包されたDIVにmarginを設定すると親要素にも同じマージンが設定されることがある【CSS】

これはわからんわ。 生徒さんの一人が陥った罠。先生も知りませんでしたごめんなさい …

忘れたパスワードを確認できる「SeePasswd」

先日記事にした「パスワード「●●●●●●●」を確認する方法」で紹介したツールを実 …

no image
最も原始的なSEO対策

最も原始的なSEOを進行中なのである。