新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

100%リフォローしますと言うと質の悪いフォロワーが増える【ツイッター】

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

なんて書くと今まさにフォローしようと思っている方が気分を害しそうですが、今までと比較してということで考えていただけると幸い。
「つぶくま」にとって質の高いフォロワーというのは熊谷市の情報を発信してくれるフォロワーさんなのです。
事の発端はこちらの記事。
□ やっぱりフォローしないと外される。「つぶくま」は100%リフォローします

まあ、ある程度予想はしていたことなのですが、「つぶくま」がフォローコンセプトを変え、100%リフォローしますとしたところ一晩で20近くのアカウントからフォローされました。(本日中に更に増え40~50人近くに膨れ上がってます)
フォロワーさんが増えてくれるのは嬉しいのですがほとんどが熊谷全く関係のないフォローフォロワー数万の方々。
さらにアダルト系や、ボットからのフォローもありました。
つまり、ほとんどが今までですとsupporterリストに追加するだけでリフォローせずにスルーしていたアカウントだったわけです。

それからフォローフォロワー数万なのにつぶやきが極端に少ない(1つしかないものも)アカウントもありました。
あれは、フォロワー数増やすためだけ用のアカウントとしか思えないんですけど。。

スポンサーリンク
 

そもそもからして、当ブログでしか触れてないし、少ししか経っていないのでおそらく当ブログの読者さん、もしくは読者さんが運営されている何らかのアカウントだと思うのですが、それにしては反響が高すぎる気もしないでもない。

で、ごめんなさい、100%は嘘です。
前の記事でもボット(bot)やスパム、海外アカウント等の場合のみフォローするか否か考える。と書きましたがやっぱり100%リフォローは無理でした。
具体的にはエロ系及びボット系はリフォローしていません。
重ね重ねごめんなさい。
ただ、フォローフォロワー数の多い熊谷と全く関係のないアカウントはフォローさせていただいています。

実は、つぶくまにおいてつぶくま自身のタイムラインはあまり重要じゃないんですよね。
強いて言えばデイリーつぶくまのネタ元になってるくらいかな。
もちろん、熊谷に関するツイートのみですが。
だとしたらむしろどれだけ多くのフォロワーさんがいるかのほうが重要。
実は、最近「つあど」始めたりもしているので。。

ただ、自分自身そんなふうに考えてるってことは、「つぶくま」がbotだってことはかなりマイナスなんだなぁと我ながら思いました。
早くつぶくまくんやってくれる人を見つけないと。。

 - ツイッター(Twitter), レビュー・レポート, 会社経営 ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

iPhone2年使ったらAndroidフォンだなぁ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。iPhone(アイフォーン)買 …

J-WAVE LIVE 2000+14@国立代々木競技場に行ってきた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。こういうのって、いつも行った後 …

検索エンジンスパム対策は「ほったらかす」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ちょっと前に検索エンジンでスパ …

2010熊谷うちわ祭まとめ #3

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。その他の「うちわ祭」関連記事& …

「秒刊SUNDAY」が新幹線キセル方法を執筆

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。実はこのブログ知らなかったので …

no image
固定電話を解約しました

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。このたび、ついに固定電話を解約 …

意外と便利じゃ?マウス一体型パソコン「Mouse-Box」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。マウス一体型パソコンとは言って …

「ふじやまビール」と「うなぎ松葉」(思い出しレビューその5)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。さて、食べログに複数トラックバ …

不況の原因はインターネットに同意

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。誰もが思いながらも口に出せない …

ホリエモンの「徹底抗戦」を読んでみた【書評】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。本屋で見かけてちょっと読んだら …

血液型オヤジ