新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

人間もダッチワイフもさほど変わらない。「空気人形」はかなり異質

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンタウンファミリーでも異彩を放つ130R「板尾創路」氏が、異質な役を演じているという話を事前に聞いて、気になっていた「空気人形」をレンタルして観てみました。
この作品は「誰も知らない」の「是枝裕和」監督による2009年の作品。韓国の女優「ペ・ドゥナ」さん主演。
前述の「板尾創路」さん初め、「星野真里」さん、「寺島進」さん、「オダギリジョー」さんらが出演しています。

空気人形 – Wikipedia

スポンサーリンク
 

この映画でポイントになるのは「空気」と「繋がり」。 
都会で生活を送る歪んだ人々も、それぞれ空気で繋がっている。
気づかないうちに人は、時には人を支え、時には人に支えられて生きている。
人とのつながりが希薄になっている都会でもそれは一緒。

作品途中で老人から語られる「吉野弘」氏の「生命は」という詩がこの作品のすべてを語っています。

□ 吉野 弘

生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする

生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
(あぶ)の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も  あるとき
誰かのための(あぶ)だったろう

あなたも  あるとき
私のための風だったかもしれない

空気を吹き込むことで形をなす空気人形(いわゆるダッチワイフ)が心を持ってしまったことで物語は進んでいく。
無垢な心を持った空気人形と、歪んだ心を持った人間たちとのふれあい。
心って何? 人間って何? と考えさせられる不思議な物語。 
空気を抜かれた人間と心を吹きこまれた空気人形、そして、最後に空気人形から発せられる空気は様々な人間に新しい動きを与える。

ぶっちゃけ、ナニコレ?という評価もなきにしもあらずな作品。
ただ、僕は何故か涙が出た。
ラストシーン近くの普段の生活を送っているだけの父娘の姿。
忘れ物の給食着を届けに走る、父親の姿が自分にシンクロしたのかもしれない。

 - おススメ, レビュー・レポート

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
docomo(ドコモ)のiPhoneは「iPhone 5s」と「iPhone 5c」。9月20日に発売

ついに出ます。docomo(ドコモ)からiPhoneが。 □ NTTド …

no image
ビックカメラ vs ヤマダ電機(安売り家電量販店はいつまで安泰か?)

先日、PAGE2009へ行った帰りの出来事。 ちょっと時間があったので、池袋の「 …

Web2.0マーケティングフェアに行ってきました

案内状には「Web2.0マーケティングフェア」と「ダイレクトマーケティングEXP …

新しい熊谷の定番「納涼大盆踊り大会」by元町子ども会

確か、以前も「コミュニティ広場」を使って「盆踊り」やっていましたよね。熊谷の新し …

2Gまでのファイルを簡単に別のパソコンへ。「GigaFile(ギガファイル)便」が便利

先日、10GBまで無料で使えるオンラインストレージ「Bitcasa Infini …

「ウェザーニュースタッチ」はツイッターと連携すれば完璧

ここ、埼玉では台風一過、静かな夜を迎えています。秋の虫が思い出したかのように鳴い …

餃子の王将にて10人前の餃子を平らげる勇者が登場 (6/12追記)

先日、過去に「わいず熊谷店」や「しゃぶしゃぶ温野菜熊谷店」でも行なわれたmixi …

「ラーメン二郎」の隣「味噌屋 八郎商店」も意外と旨い【新宿ラーメン】

先日、新宿まで演劇を見に行った時に寄らせもらったラーメン店が旨かったので紹介しま …

パスタのおいしい居酒屋「湊や」(埼玉県熊谷市)

家族何軒かで飲みに行くのに最適。居酒屋なのですが、車でいかなければならない場所に …

これぞ相乗効果、ソーシャルメディアはテレビを活性化している

考えてみれば自分にも似たような経験があります。バルス祭りや数年前の年越しなんかは …