新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

今度はPowerPointが原因?書類の使い回しはプロパティをチェック

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何度も企画書を書いているうちに前使った企画書を流用して別名保存で使うことが増えてきた。
で、今回、たまたま気がついたのだが、OpenOffice「Impress」の書類をOpenOffice上でPDFに変換すると昔付けたタイトルがいつまでも残ってしまっている。
こいつは表には出てこない厄介なヤツで通常プリントアウトして使う分には全く問題ないのだが、PDFに変換して初めて出現する。
謎のタイトル出現
書類タイトルとして突然、昔書いていた企画書のタイトルが現れる。

今まで気づかずにいたということはそのまま送ってしまったPDFファイルもあるということでこれはまずいと思ったのだが、まあ、過ぎたことは置いておいてこれからなんとかしようと思った。

スポンサーリンク
 

といったところでまずは対処法から。

「ファイル」→「プロパティ」→「概要」でタイトルがみれるのでこちらを修正すればOK。
原因はこいつだ!

次に何故こういったことが起こってしまったか

僕の場合OpenOfficeの「Impress」とMicroSoftの「PowerPoint」とを行ったり来たりすることもあって、どちらが原因かはっきりしなかったのだが、おそらくどちらでも起こりうることだと思う。
最初に書類を作ったときにレイアウトテンプレートを使ってタイトル部に文字を入力すると、それがファイルプロパティのタイトルにも登録される
こいつが余計な機能。
で、その後タイトル部を修正してもプロパティに設定されたタイトルは変わらないのだ。

これはちょっと調べたら「PowerPoint2000」で再現できた。
が、おそらくOpenOfficeなどにも似たような機能はあるはず。
そして、それはワープロ系ソフトや表計算系ソフトにもあるらしい。

本日得た教訓。
オフィス系アプリには表に出てこないファイルのプロパティがある。
そしてそれはPDFファイルの名前等、思わぬところに出てくるので注意しよう。

 - パソコン教室, 覚え書き

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「これからの印刷のカタチ」セブンイレブンのネットプリントをやってみた

写真や印刷データをオンラインで専用サーバーに送信しておき、それを全国各店にあるセ …

本当に音が良いヘッドフォンランキング by 米TIME誌

米TIME誌が本当に音が良いヘッドフォンランキングというのを公表し、話題になって …

ネットワークプレースの追加方法【Windows XP】

お客さん用に作っていた資料を忘れないうちにメモにしておく。 ネットワークプレース …

OpenOffice「Calc」のセルの結合はメニューから

タイトル通り。 表計算ソフト「Excel」の代替として使っているOpenOffi …

Google+ページとWordPressを連携させた時、記事を一般公開設定にする方法

今まで使っていたブログサービスではブログからGoogle+ページヘの連携ができま …

WordPress(ワードプレス)+Google Analytics(グーグルアナリティクス)でサイト内検索を計測する設定

CMS(コンテンツマネジメントシステム)といえばWordPress。 そして、ア …

Photoshopの描画モード「覆い焼きカラー」の使いどころ

DTPツールのみならず、様々なグラフィカルなデザインに利用されるPhotosho …

残念っ!! コメント付き「いいね!」は「シェア」じゃない。設定次第ではバズらない【Facebook】

以前書いたとおり「いいね!」と「シェア」に関して調査してみました。 「いいね!」 …

Google Chromeの場所が奥深すぎて分からない

Dreamweaver(ドリームウィーバー)を使っていて「Google Chro …

タコ足配線の恐怖

会社のNAS(簡易データサーバーにもなるHDD)がタコ足配線による電圧不足が原因 …