新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

SONAR Componentとプロアクティブ脅威防止機能の関係

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

会社のセキュリティ対策ソフトが「Symantec Endpoint Protection」に変わった。
個人的にはノートン系(シマンテック社製品)はあまりオススメできなかったのだが、Macintoshとの絡みもあって担当が決めたらしい。
もちろん、僕の会社用マシンにもインストールした。

で、これが案の定一部のマシンで悪さをし始めたようだ。
まあ、新しいアプリケーションを導入すると決まってトラブルが起こるのは仕方ない。

Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 12.0 10USymantec Endpoint Protection Small Business Edition 12.0 10U
販売元:シマンテック
発売日:2009-09-16
レビューを見る

スポンサーリンク
 

まずは起こったトラブルをまとめる。

  • あるネットワークプリンターでプリントアウトができなくなった。(ネットワーク上で一台だけ)
  • プロアクティブ脅威防止機能がエラーで動かない。
    プロアクティブ脅威防止でエラー
  • 定期的に「SONAR Componentを終了します」といったエラーアラートが表示されるようになってしまった。
    SONAR Component

プリントアウトに関しては過去にもなんどかあった事象で、そのたびに社内ネットワークがしっかり整備されていないがためのトラフィック上のトラブルだということに収まっているのだが、今回ネタにしたいのは、それ以外の部分。
「SONAR Componentを終了します」と、プロアクティブ脅威防止機能の関係。

今回この話がきたときはもともとエラーアラートをなんとか消したいという話だった。
そこで「SONAR Component」を検索。すると、「Norton」や「Symantec」というキーワードが度々出てきたのでプロアクティブ脅威防止機能が使えないことと関連しているんじゃないかなぁと思っていた。

ってか、ソフト入れた段階でアラート出てきてるわけですから間違いなく「Symantec Endpoint Protection」の仕業だとは思うんですけどね。

そこで「プロアクティブ脅威防止機能」について調べてみる。
京都産業大学/コンピュータ環境の使い方/Symantec Endpoint Protectionのインストールについて

プロアクティブ脅威防止機能とはゼロデイ脅威や未知の脅威から守るビヘイビアベースのスキャン機能です。

ヒューリスティックにもちょっと似ているのかな?
つまりは未知の脅威に対する対策ということになるみたいです。

そもそも、エラーで使えていないんだし、「プロアクティブ脅威防止機能」使わなくてもしっかりと「ウイルス」および「スパイウェア」対策と「ファイヤーウォール」機能は働いているわけで、これはいっそのこと削除してしまったほうがいいのでは?
と思っていたらシマンテックでも削除の方法を解説してくれていました。

プロアクティブ脅威防止機能の定義が「更新を待っています」と表示されたまま更新されない

プロアクティブ脅威防止機能をアンインストールする方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] を選択する。
  2. [名前] ボックスに以下のように入力し、[OK] をクリックする。プログラムの追加と削除画面が開きます。
    appwiz.cpl
  3. 現在インストールされているプログラムの一覧の中から Symantec Endpoint Protection を選択し [変更] ボタンをクリックする。SEP の InstallShield ウィザードが表示されます。
  4. [次へ] ボタンをクリックする。
  5. [変更] を選択し [次へ] ボタンをクリックする。
  6. [プロアクティブ脅威防止] のアイコンをクリックし、[この機能を使用できないようにします。] を選択する。
  7. [次へ] ボタンをクリックする。
  8. [インストール] ボタンをクリックする。プロアクティブ脅威防止機能がアンインストールされます。
  9. [終了] ボタンをクリックする。
  10. コンピュータを再起動する。

こいつをプリントアウトして渡し、プロアクティブ脅威防止機能をアンインストールしてもらったら「SONAR Componentを終了します」といったエラーアラートは表示されなくなりました。
ただし、もちろんのことプロアクティブ脅威防止機能はきえてなくなってしまいましたが。。
プロアクティブ脅威防止をアンインストール

 - セキュリティ, トラブル

アドセンス広告メイン

Comment

  1. http://www.pls173.com剑灵美服金币(BNS)客户评价:连续购买了几次Blade and Soul金币,服务态度真的很好

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

イーセットスマートセキュリティv4に変えてみた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。もともと、イーセットスマートセ …

プロット・ファクトリートップページがYahooでスパム判定

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。プロット・ファクトリートップペ …

熊谷市「うちわ祭」期間中。市街地のバス利用者は注意

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。うちわ祭りでは3日間にかけて一 …

鍵(ロック)掛けられても鍵(ロック)掛ける前にフォローしておけばツイートが見れる【ツイッター】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ツイッター(Twitter)っ …

「Adobe Creative Cloud」ユーザー注意! クレジットカード情報が抜き取られた可能性

要約すると、「9月11日~9月17日にかけて一部の顧客注文情報に不正アクセスがあった」とのこと。
Adobeの調査によると「不正アクセスにより顧客名、クレジットカード番号、有効期限等が抜き取られた可能性」があるということです。
つまり、「クレジットカードの不正利用」 の可能性があるとのことで、ご自身で調べていただきたいとのこと。

さっそく調べてみたところ、自分は一先ず大丈夫だった様子。
ただし、今後も危険性は拭えないので、注意が必要だと思います。

自分の場合は「Adobe Creative Cloud」を契約しているためにAdobe社にクレジットカード情報を提供していました。
とりあえず、仕事で使ってるもんだから今更解約もできないし。。
あとは、定期的にチェックしながらもAdobeさんを信じて沈静化を待つしかないのかもしれないですね。

なお、ちょっと前にニュースになっていたようです。
□ Adobeへのサイバー攻撃、不正アクセスの影響は3800万人に – ITmedia ニュース 

まさかこういったことが自分の身に振りかかるとは。。 

多様化するインタフェースについていけない(Tカードでe席リザーブ)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。昨日、映画を見に行きました。「 …

Yahoo! JAPANで最大2200万件の個人情報流出。君も確認してみよう

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。5月16日21時ごろ「Yaho …

ノートパソコン(INSPIRON 5150)がやばそうになってきた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。会社で全く起動しなくなったので …

no image
ハッキング被害を受けたアカウントのパスワードは「Password」?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ちょっと前に以下のような記事が …

ブログを勘違いした二人の結末

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。mixiなんかで堂々と犯罪報告 …

血液型オヤジ