新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

プロット・ファクトリーがYahoo!でスパム判定【第2章】 (5/8追記)

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

プロット・ファクトリーとは開店休業中の僕のパソコン教室のサイトです。
実はこのサイト、「http://www.plot-factory.com/」で通常のWebサイトとケータイサイト両方が見れるようになっています。
このあたりの仕組みは下記記事で詳しく説明しています。
携帯サイト・Webサイト振り分けスクリプト【perl】

で、この方式だとGoogleではちゃんと判断してくれるのですが、Yahoo!ではスパム扱いされてしまいます。
このあたりは第1章でも語ってますね。
プロット・ファクトリートップページがYahooでスパム判定

そこで、こいつをちょっとばかりカスタマイズしてYahoo!でどんな挙動を見せるか調べてみることにしました。

【PR】
PC&モバイル ヤフー! SEO完全攻略ガイドPC&モバイル ヤフー! SEO完全攻略ガイド
著者:鈴木 将司
販売元:翔泳社
発売日:2009-09-15
おすすめ度:5.0
レビューを見る

スポンサーリンク
 

その前に、上記振り分けスクリプトを再掲。

#!/usr/local/bin/perl

$agent = $ENV{'HTTP_USER_AGENT'};

if ($agent =~ /(DoCoMo|J-PHONE|ASTEL|KDDI)/){
open(IN,"mobile.xhtml");
print "Content-type: application/xhtml+xml\n\n";
while (<IN>) { print; }
close(IN);
}else{
open(IN,"top.html");
print "Content-type: text/html\n\n";
while (<IN>) { print; }
close(IN);
}
exit;

この場合、HTMLを読み込んで表示させているために同じURLながらもユーザーエージェントによって全く別のサイトにできてしまう。
おそらく、そのあたりがまずいんじゃないかと思います。
(こいつはまさにクローキングだ。よく、Googleのインデックス生きてるなぁ。。)

そこで、Webサイトは現状のままにしておいて、ケータイサイトの方はリダイレクトすることにしました。
リダイレクトに関してはこちらの記事で解説。
301リダイレクトをperlで

ついでにソフトバンクのユーザーエージェントがJ-PHONEのままで大丈夫なのか気になったので調べてみると
ユーザエージェント一覧
案の定。
したがってこのあたりもちょこっと改造。

できたもの。

#!/usr/local/bin/perl

$agent = $ENV{'HTTP_USER_AGENT'};

if ($agent =~ /(DoCoMo|J-PHONE|ASTEL|KDDI|SoftBank)/){
print "Status: 301 Moved Permanently\n";
print "Location: http://www.plot-factory.com/m/index.xhtml\n";
}else{
open(IN,"top.html");
print "Content-type: text/html\n\n";
while (<IN>) { print; }
close(IN);
}
exit;

ケータイサイトのディレクトリ構造もあわせてちょっと変えました。

どうでもいいけど、いつまで工事中なんだろううちのサイト。
そろそろ手をかけてやらないといけないよなぁ。。

パソコン教室 ホームページ制作のプロット・ファクトリー [埼玉県熊谷市]

【5月8日追記】
上記方法でスパム解除されました。

今、読み直してみると第一章との第二章の時系列がわかりにくかったので再度まとめさせていただきます。
第一章」を書いた地点でのindex.cgiと、この「第二章」を書いた地点でのindex.cgiは別物です。
が、どちらもクローキングに近い手法をとってました。
第一章」を書いた2008年02月26日はスパム扱いを受けていたためindex.cgiを消してindex.htmlだけにしました。
すると、スパムは解除され、Yahoo!に普通にインデックスされるようになりました。
その後、「携帯サイト・Webサイト振り分けスクリプト」を書いた2008年12月12日に再度index.cgiを設置します。
すると、再びスパム扱いになっていたため、この「第二章」で再度対策を講じたと言うわけです。

 - SEO・SEM, プログラミング

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
日本語ドメインでSEO

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「YSTがフルアップデート」を …

2015年11月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いやいや危ない忘れるところでし …

no image
Googleにインデックスさせないリンクの入れ方

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Googleなんでさほど問題は …

ブログタイトルをちょっとだけ短くしてみた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。googleが「検索エンジン最 …

no image
SEOやらアクセシビリティやら

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。初めてじゃないけど、アクセシビ …

no image
2010検索ワードランキング in Yahoo! JAPAN

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。毎年恒例ランキングを見た感想パ …

SE(システムエンジニア)やPG(プログラマー)が「ほぼほぼ」を口癖にする理由

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。知り合いの女子に「若干(じゃっ …

WordPressのRSSをカスタマイズ。フィードでの各投稿の表示は「抜粋」に変えておこう

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近は、RSSリーダーなんて使 …

no image
12月のヒットキーワード及びヒットページ(2007年総括)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。あけましておめでとうございます …

「livedoor Blog(ライブドアブログ)」で「Twitter Cards」対応がめちゃくちゃ簡単になっていた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、「Twitter Car …

血液型オヤジ