新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

日本ケータイ小説大賞作品「あたし彼女」を読んでみた

      2014/11/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

謎の女性なんだかんだいって「あたし彼女」を読んでみました。
恋愛小説はもちろん読まないし、ケータイ小説だってめったなこと読まないんだけど、
簡単に読みきれそうだったし、秋元康氏が絶賛したというのが気になって。。

スポンサーリンク
 

正直な感想、意外と良かったです。
小説っていうか漫画に近いかな、新しい表現方法です。
スクロールや何も書かないページなんかも効果的に使ったり。

ところが、どう考えても1作者1作品なんですよね。
つまり、その人の実体験をその人の言葉で書いているから響くわけであって、
別の作品はその人には作れないわけです。
「事実は小説より奇なり」といいますが、それを証明しているわけです。

でも、これはケータイ小説をビジネスとして考えた場合成功なわけです。
ただ、ケータイ小説大賞受賞は作家にとっては何のメリットにもならない。
比べちゃいけないけど、直木賞や芥川賞なんかとはもちろんのこと、
一般文芸誌の賞と比べても雲泥の差なわけです。
もっとも、受賞した本人も小説家で喰っていこうなんて思ってもいないでしょうが。。

もし、ケータイ小説を書いていて小説家を目指している人がいたらデビューしてからが勝負だと思います。がんばってください。

第3回日本ケータイ小説大賞

 - ガラケー, レビュー・レポート, 携帯電話・スマホ

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

熊谷うちわ祭二日目

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。その他の「うちわ祭」関連記事& …

no image
「ドコモ(docomo)」このタイミングで907iシリーズを発表

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。まだ906iシリーズが全機種発 …

人口が増えているのはポツポツあるだけ、人口減少地図で日本の人口減少を実感

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これみると、わが熊谷市なんて大 …

いよいよ本格的に電子書籍の時代が来たっぽい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。初めて電子書籍を購入してみまし …

no image
グーグルが提供する、エイプリルフールのさまざまなおふざけ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□グーグルが提供する、エイプリ …

no image
ロンブー「田村淳」のテレビの仕事が減ったのはツイキャスやニコ生のせい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ロンドンブーツ1号2号の田村淳 …

no image
もっとも楽にアクセスが稼げるのは2ちゃんねるコピペ(まとめ)ブログ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。僕のこのブログも一時期は「コン …

「羊山公園」で芝桜-秩父までドライブ#1

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。灯台下暗しじゃないですが、埼玉 …

Facebookには「足あと」はありません。なんと、日本人ユーザーの半分が勘違い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。かつてmixi(ミクシィ)とい …

Googleバズ(Google Buzz)をやってみた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。twitter(ツイッター)に …

血液型オヤジ