新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

やはり非純正インクはダメなのか?大容量インクと通常インクとを混在させるとプリントできない(黒が出ない)トラブル

      2016/06/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

プリンタの調子が悪いんだったらそれでいいんですけど、非純正インクはやはり使っちゃいけないってことなんでしょうか。

娘が勉強で使う教材をコピーしたいというので複合機プリンターを使ってコピー。
ところが、インク切れを起こしてしまいインクを交換。
が、白紙が出てくるだけ。

まあ、ここまでは想定内でして、もちろんこれはヘッダーが汚れたのだと判断し、ヘッダーを掃除して再度プリント。
ところが、全く改善されず白紙のまま。

そのうち、「インクカートリッジが認識できません。セットし直してください。」
なんて出てくるようになってしまいました。

プリンターの調子がすこぶる悪い。非純正インクのせいなのか?

スポンサーリンク
 

ちなみに使っているプリンターはエプソン(EPSON)の「EP-805A」、インクは非純正のJITのリサイクルインクです。

とりあえずこういう時はググろうと検索してみて見つかったのが以下の情報。
プリンターがインクを認識しない時の解決法 / インク革命.com

なんでも、

  1. インクを全部一度外して
  2. 電源を切り、コンセントからプラグも抜いて少し(5~10分程度)放置
    (この時、パソコンでよくやる電源長押しで放電もしておきました。)
  3. 電源を入れたらとりあえず黒インクのみ入れる。
  4. その後、他のインクを入れていく。

という手順を取るとインクが認識できるようになるとのこと。

で、やってみたところなんとなくいい感じまで行ったのですがやはり、何度もヘッドクリーニングしてもかすれが取れません。
かすれてるだけならまだしも、一部分が完全にかけちゃってる状態。

先日のプリンタートラブル、インクが混在していてもここまでは復旧した
こんな状態です。(後日追記)

で、しつこくヘッドクリーニングを続けていたら、交換したばかりのライトマゼンダとライトシアンが認識できなくなってしまいました。

先程の状態で電源を入れるとこうなる

変えたばかりなのにと思いつつ、インクに問題があったのかもとプリンターを開くとあることに気づきました。

プリンター問題ほぼ解決。これがまずかったらしい

あれ? ライトシアンとライトマゼンダのインク、種類違う。

どちらもJITの製品なのですが容量増量のものと通常のものが混在していたのです。
そういえば、さっきアラートの出たシアンやその前アラートの出たマゼンダも通常容量のインクでした。

ということで、解決編。

全部揃えてこれで解決!

インクをすべて容量増量のものに変えたら解決しました。
容量の違う2種類のインクが混在しちゃっているのがいけなかったようです。

で、このトラブルですが果たして純正インクだったらおきなかったのか?
だとしたら、やはり非純正インクはあまりオススメできないかもしれませんね。
だって、今回の件で結構インクが無駄になってしまいましたから。
(シアン、マゼンダ、新品ライトマゼンダ、新品ライトシアンの4つ、増量ブラックも新品開封しちゃいましたし。。)
まあ、いずれ何かの時のために取っておいてはいますが。。

にしても参りました。
以前、非純正インクもJIT製品はじめ、店頭で売られているものであれば問題ないという記事を書いてしまっただけにちょっとだけ責任を感じています。
純正以外のインクは量販店で売っているものを選ぼう | ちほちゅう

ただ、今回は実はネットで購入したものなんですよねぇ。。
JIT製品と見せかけて別のまがい物だったりして。。
流石にそんなことはないと思います。
んなことあったらもうネットで買物はしませんよ。

いずれにしても、非純正インクをお使いの方は容量の違うインクを同時に使わないほうがいいということのようですね。
覚えておきます。

【追記】
結論、やっぱ、非純正インクはダメです。その後も何度かエラー表示が出、誤魔化し誤魔化し使っている状態。
今度買うインクは高くても純正インクにしたいと思ってます。
純正で同じ状態だとしたらこれはもう、プリンターの故障ということですね。

 - トラブル, パソコン教室, 印刷・DTP , , , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「Certified Toolbar」に感染した時の対処法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。訓練校の生徒さんからぜひ紹介し …

McAfee(マカフィー)の「ウイルス被害疑似体験サイト」が怖い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近、怖い怖い言ってることが多 …

Wordのデータ支給でフォントがない!!(フォント置換)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。とんでも現場からこんにちは。 …

電子カタログ(デジタルカタログ)も差別化の時代へ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。かつてはかなり高額だった電子カ …

電子ペーパーいらない。印刷をレーザーで消す技術

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんだかいろんな技術が登場しま …

はてブのFirefoxアドオンが連続してバージョンアップした訳

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Firefoxユーザーとしては …

no image
封筒だけ増えている謎

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここのところ業績を落とし続けて …

no image
Quarkよ。どこへ行く。。

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。我が社でもついにInDesig …

no image
またまた検索スパムでとにかくサイトをしっかりしてあげようと思った

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。またまたプロット・ファクトリー …

Windowsキー(Windowsロゴキー)を使った便利なショートカット

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日書いた記事「左下クイック起 …