新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

自分のサイトがどこからリンクされているか(被リンク)調べることができるサイト「hanasakigani.jp」

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

かつて、SEOは内部対策と外部対策とに分かれていて、外部対策ではとにかく被リンクが重要でした。
今でもそうなんでしょうけど、最近では被リンクをただ増やすだけでは逆効果なんて話もききますし、SNS隆盛の昨今、単なる被リンクだけじゃなく、記事(ページ)に関する客観的評価もSEOの基準になってきているんじゃないかとは思っているのですが、なんだかんだ言って被リンクは重要です。
それ以上に、どこからリンク貼られているかも気になりますしね。

そんな時はGoogle検索を使って「link:http://chihochu.jp/」なんて検索すると被リンクしてくれているサイト(ページ)が表示されるのですが、これが意外と渋い、というか限定的で数が少ないんです。
対象を当ブログにした上記の検索結果は0でした。

Google検索ではヒットしない

スポンサーリンク
 

そんな時は以下のサイトを使って調べるといいでしょう。

マイサイト被リンクチェックツール | 被リンクチェックの無料SEOツール hanasakigani.jp

使い方は至って簡単。
検索窓にマイサイトのURLにURLを入力して「Check!」をクリックするだけ。

当ブログの場合は「http://chihochu.jp/」と入力して「Check!」ですね。
さっそくやってみましょう。

ちほちゅうの被リンク結果

出てきた出てきた。
30ものサイト(ページ)がヒットしました。

SEOの場合は同ドメインからのリンクよりも別ドメインからのリンクのほうが評価が高いので、被リンクのドメイン数も知りたいところなのですがちゃんと表示されています。
これは便利!

今となっては評価基準とならなくなってしまいましたがリンクしてくれているページのPageRank(ページランク)もわかるようになっています。

SEO的な評価は落ちてもどこからリンクが貼られているかは気になるものです。
このサイト(ツール)、覚えておくといいでしょう。

ちなみに、ページ単位でも調べることは当然できます。
が、SNS等での言及までについてはさすがに調べることはできないみたいです。

 - SEO・SEM, Webサイト・サービス , ,

アドセンス広告メイン

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「Cookie Clicker(クッキークリッカー)」で必ずゴールデンクッキーを出す裏ワザコマンド

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以下の技を行うと不正な称号が付 …

HTML5はやっぱ凄い。HTML5でマリオやパックマンができる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、HTML5のセキュリティ …

no image
2008年8月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。夏休みも終わりました。社会人に …

no image
意外と楽しい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「吸収」と「楽しさ」をモチベー …

Twitter(ツイッター)人気ハッシュタグランキング

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ツイッター(Twitter)の …

Googleドキュメントは便利。が、デザイン性に難有り?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここのところ、Googleドキ …

no image
登録できる検索エンジンを探し出す方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。SEO対策のひとつである被リン …

no image
最強のSEO(リンクファーム)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここ何日かSEOを勉強してきて …

上級エージェントは広域マップを使いこなす「Ingress Intel Map」【INGRESS(イングレス)】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。INGRESS(イングレス)や …

no image
3月のヒットキーワード及びヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。昨日何かあったみたいですが新年 …

血液型オヤジ