新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「Helvetica(ヘルベチカ)」を安く手に入れたいWindowsユーザーは「Swiss」を手に入れよう【font・書体】

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

「Helvetica(ヘルベチカ)」という書体があります。
Macintoshには標準で入っているのですが、Windowsには入っていません。

代替用に非常に似ている「Ariel(アリアル)」という書体があるのですが厳密に言うとちょっと違います。
以下のサイトが詳しい。
□ Keita USHIDA :: Helvetica & Arial
「G」とか「R」とか結構違うんですよね。

スポンサーリンク
 

そこで、WindowsユーザーでHelveticaを使いたいと考えている人はHelveticaを購入するしかないわけです。
まあ、いろいろなフォントパッケージに入っているのでさほど高価ではありませんが。

とは言っても購入するまでの手順が厄介だったりします。

そんなWindowsユーザーは「Swiss 721」という書体を使うといいでしょう。
実はこの書体、Helveticaと全くと言っていいほどデザインが一緒なんです。

Swiss

なぜそのようなことが起こったかというと、同じ書体を2つの会社が出しているからのようです。
厳密に言うと文字間等が違ってきているので、そのまま代替として使えるかというと難もあるのですが、
アウトラインを取って、ロゴ素材として使う分にはそのまんま「Helvetica」代替として使えると思います。

実は「Helvetica Neue」という書体も「Helvetica」とは全くの別物、これも会社が違うんです。
こちらは、Helveticaをリニューアルして様々なバリエーションを加えた書体になっています。

そんなHelveticaの歴史を紐解いていくと、なんと、1957年、自分が生まれる10年以上も前に作られた書体とのこと。
ヘルベチカ – Wikipedia
50年以上たっても古臭さを感じさせないデザインは素晴らしいの一言ですね。

なお、その代替となる「Swiss」は以下のサイトで無料でダウンロードできます。
□ Search: Swiss 721 |  Font Download – The World’s Biggest Font Site
ちょっと怪しい感じがするサイトですが、別に問題なかったです。
他にもいろいろ書体が置いているみたいですね。

 - 印刷・DTP, 覚え書き , , , , , ,

アドセンス広告メイン

Comment

  1. くろん より:

    「Swiss」の他にも無料じゃないフォントがDLできたり「寄付しろ」と言ってるあたり、fontyukle.netは違法なサイトだと思います。問題はアリアリのはずなのでリンクは張らないほうがよいのでは…。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Tumblr(タンブラー)を勉強してみた (11/11追記)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。謎多きTumblr(タンブラー …

no image
Mac⇔Win間でIllustrator8のデータをやり取り

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Mac⇔Win間でIllust …

InDesignCS2で表スタイルを使う方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。インデザインCS3とインデザイ …

フルカラー(4C)を3Cカラーにする簡単な方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。過去ログ「ダブルトーンの画像が …

アメブロ「アメーバブログ」が勝手にリダイレクト。フリープラグインに設置した「FBLkit」が原因

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。WordPressに移転してそ …

no image
こんなツールしってますか?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。デスクトップアイコンからも開け …

LINE(ライン)は友だち削除不可。ブロックするしかない

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。バージョンアップして友だち削除 …

まだまだ僕には電子書籍は早過ぎる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。たまたま手に入れた本が肌に合わ …

Flickr(フリッカー)とFacebook(フェイスブック)の連携を復活させる方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Flickr(フリッカー)とF …

大金を払わなくても入院、手術が受けられる。「限度額適用認定証」を活用しよう

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。世の中はすべて金。 金のない人 …