新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

google人材業界に殴り込み。「Google for Jobs」で求人情報検索、即応募が可能に

      2017/05/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

まずはアメリカからスタートだそうです。

米Google は2017年5月18日、開発者向け会議 Google I/O 2017において、求人情報を検索できる「Google for Jobs」を数週間以内に米国でリリースすると発表した。

Google、求人検索「Google for Jobs」を発表 米国で公開予定 ::SEM R (#SEMR)

スポンサーリンク
 

サイトを作るときに必ず確認するのがサイトの目的。
クライアントによっては目的定まっていなくて困ってしまうこともあるのですが、だいたいのクライアントはリクルート。いわゆる求人と一つの目的として上げてきます。
ただ、その度合いによってサイトの構成は違ってきて、一般的にはリクルートにはリクルート専用のサイトを作るのがいいと言われています。

まあ、それだけ、どの起業さんも求人には苦労されているということでしょう。

さて、であるからこそ、1ビジネスとしてなりたっている求人業界ですが、ここにGoogleネット神さんが入り込んできそうな雰囲気です。

Google for Jobs は機械学習を利用しており、検索利用者の職探しと採用したい企業のマッチングを支援する。利用者が検索窓に探している仕事情報を入力すると、関連する情報を表示する。画面には応募ボタンが用意され、ワンクリックで求人応募ができる予定。

なんと、検索後すぐ、応募することができるとのこと。

これは便利。
と思う反面、こんなんでいいの?といった疑問も。

これ、おそらく短期的、アルバイト的な仕事に向いているんじゃないかと思いました。
日本ではなんだかんだ言っても一度会社に入れば長く働く考えがありますから、やはり、それなりに就職活動をして、人とあって話して掴み取るのが仕事。
そう考えるとちょっと安易すぎるのかなぁと。

ただ、きっかけとしてはアリ。だと思います。

たとえば、ここでのやり取りにおいては応募者に資料を返信する程度にしてそこから本格的にその企業に入るための就活が始まるという流れ。
この段階では会社案内等の資料のみ渡すだけにして、改めて、職務経歴書やスキルシート、履歴書等を送ってもらう。
その際は求人サイトなどを使うってのもありでしょうね。
そういう意味では共存できるサービスなんじゃないかなぁ。。

日本でいつスタートするかはわかりませんが、求職者にとっては良い情報。
でも、こんなインフラができてもなかなか仕事につけない人ってのは仕事につけないんでしょうねぇ。。

 - 会社経営, 告知・紹介・ニュース

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
デザイン変えてみました(赤ちゃんバージョン)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。文字だけだとなんなのと「liv …

醤油ラーメン一筋数十年。古くて新しい「よか楼」上熊谷店

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。灯台下暗し熊谷グルメシリーズ。 …

選挙期間中もつぶやいていた2人の候補(参院選)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。鳩山政権で成立し、今回の参院選 …

no image
3社からAndroidケータイ出揃う【今週のトピック】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□出そろった国内Android …

ツイッター(Twitter)顔文字用の文字が探せるサイト「Shapecatcher」が便利

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ツイッター(Twitter)は …

「桐島、部活やめるってよ」をイオンモール羽生で観て来た

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。よく利用しているご近所のイオン …

ついに出たGoogleケータイ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□米T-Mobile、最初のG …

iPhoneでNHKが見れますよ【iPhoneアプリ】 #jishin

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。テレビの無い方。今だったらiP …

タンブラー(Tumblr)で画像のみ抽出できるサイト2つ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いまだにつかみ所のないタンブラ …

Appleの「Retina(レチナ)ディスプレイ」とはなんなのか?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Appleの新商品発表会「WW …

血液型オヤジ