新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「Google+ページ」を削除する方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

作る方法を伝えても削除する方法を伝えておかないと、放置後、個人情報ダダ流れということにもなりかねません。
そこで、Google+ページを作る方法に続けて削除する方法をお伝えしようと思います。
これも、覚えてしまえばなんてことないのですが最初は全然わかりませんでした。

Google+ページの削除法05
放置は危険です。

スポンサーリンク
 

以下手順になります。。

  1. まずは、「Google+ページ」を作る方法を参考に「ページを管理」のページに行き、削除したいページの「このページを管理」をクリックします。
    Google+ページの削除法01
  2. アカウントがページ管理者のものに変わります(右上の個人名だったところがページ名に変わります)
    左上「ダッシュボード」のところにマウスを合わせると。
    Google+ページの削除法02
  3. メニューが出てくるので、下の方「設定」をクリックします。
    Google+ページの削除法03
  4. 各種設定画面が出ますので、一番下まで行って「ページ削除」をクリックします。
    Google+ページの削除法04
  5. 色々消えちゃいますといった旨のアラートが表示されますので「ページ削除」をクリックします。
    Google+ページの削除法05
  6. 念のためということで、ここでログインパスワードを確認されます。
    入力し、「ログイン」をクリックします。
    Google+ページの削除法06
  7. 場合によってはここでケータイでの認証(2段階認証)も促されます。
    登録しているケータイ番号に認証番号を送信、SMSで認証コードが届くのでそれを入力して「確認」をクリックします。
    Google+ページの削除法07
  8. 最後に「削除」をクリックで削除完了です。
    Google+ページの削除法08

作る時よりもむしろ削除するときのほうが手間がかかっているような気がします。
離脱を防ぐためなのかネットサービスにはこういうの多いです。

 - ユーザビリティ, 覚え書き

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

セールを逃したくなければギフトを送れ【iPhoneアプリ】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これには目からウロコ。実際は会 …

ツイッター(Twitter)だけで様々なSNSを操作できる「CtrlTwit」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。おそらく、自分の中で今のところ …

Windows 10にいつでもアップグレードできてWindows 7を使い続ける方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なるほどこの手があったのか。 …

Dreamweaverの同期機能を使いこなす。まずはプレビューから同期

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Webサイト制作に際し、今まで …

Facebook(フェイスブック)でやると嫌われてしまうかもしれない行動

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。あっという間にmixiを追い抜 …

「Google Chrome」の画像検索がとてつもなく簡単になっていた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これはいつからなのでしょうか? …

Amazon「おまかせリンク」の障害の影響でAdsenseの収益が増えている?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これはあくまでも仮説です。 な …

no image
ネットと法律(名誉毀損罪)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。お昼の番組でネットのカキコミに …

食べログでは3.5点以上は満足できるお店、3点以上で及第点

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これ、結構重要なことだと思った …

「iPhoneを探す」は回線契約を解約しても使える

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なくしたときは電源を切っていた …

血液型オヤジ