新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

ツイッター(Twitter)、メール、SMS、MMS等でパスワードリセットが可能に

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

未だ日々進化しているツイッター(Twitter)ですが、今度はメールインフラでパスワードリセットができるようになりました。

□ Twitter、テキストメッセージでパスワードリセットが可能に–米国などで – CNET Japan


プリクラもツイッターでシェアしたり、メールに画像を送ったりできる時代。

スポンサーリンク
 

どういった場面で使えるかなぁと考えてみたのですが、まあ、ハッキング対策が一番なようです。
つまり、アカウントを乗っ取られた場合にログインパスワードがわからなくても自分のケータイ電話等のモバイル機器を使ってパスワードがリセットできるといったもの。

この機能を使うためには事前にアカウントとケータイ電話等モバイル機器を紐付けしておかないといけないそうです。
まあ、至極当然ですね。

アカウントとケータイ電話等モバイル機器を紐付けしておけば、モバイルサイトでもパソコンサイトでもアプリでもツイッターのログインページから「パスワードを忘れた場合はこちら」をクリックし、メール情報等を入力、あとはメールで届いたURLにアクセスしてパスワードを変更。という流れのようです。

なお、残念ながら日本ではまだ実装されていないとのこと。
いずれ実装されるとは思いますが、まあ、そんな頻繁に使う機能でもなさそうですし、実際使う場面もあるかどうがわかりませんが、ああ、そういえばこういった機能もあったなぁ。と頭の片隅にでも入れておいていただければいいんじゃないでしょうかね。

ケータイ電話等モバイル機器とツイッターアカウントの紐付けはいざというときのためにやっておいた方がいいでしょう。
そしてこれが一番大事なのですが、そもそも、アカウントを乗っ取られないように気をつけましょう。 

 - セキュリティ, ツイッター(Twitter), ユーザビリティ ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

パスワード「●●●●●●●」を確認する方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、ある方のところへインター …

no image
都営地下鉄ではWiMAXは使える。営団(メトロ)も続け!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。何度かWiMAXを持って地下鉄 …

no image
キッズiモードフィルタではGREEはできないの?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□NTTドコモ、2009年1月 …

これはもはやiPhoneの仕様。ロックしてても写真や個人情報は見れます

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。もう、なんどこのネタ書いたでし …

剛力彩芽さんに逮捕状って偽物が逮捕されるのかと思ったら…【ツイッター】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いろんなタレントさんのいろんな …

「ドキドキまあちゃんゲーム」ってのを警視庁が出したらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。こんなニュースを見かけて気には …

放送禁止用語が蔓延しているツイッター(Twitter)が酷い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「あぶついったー」というのが面 …

Flickr→Facebook連携が大きな写真でできるようになった

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。FlickrからFaceboo …

日本共産党「志位和夫」委員長ツイッターを始める

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。別に共産党を支持しているとか言 …

某スマートフォン系SNSの広告にFacebook(フェイスブック)に似せた変な奴がいる

先日、LINE(ライン)初め、スマートフォンがフィッシング詐欺に狙われ始めている旨、記事にしました。
その理由の一つとして、リンク先のURLがハッキリ分からないというのがありました。
今回、それに加えてまるでFacebook、さらにまるでセキュリティウインドウのような「広告」?に遭遇したのでご報告します。
あくまでも広告として紹介しますが、これはちょっとヤバい気がしますねぇ。。
アドウェア? マルウェア? スパイウェア?

Facebookに似せた広告01 Facebookに似せた広告02
赤で囲った部分が広告スペース。
どう見てもFacebookのインターフェースでDMが届いたと言っています。

Facebookをやっている方であればこれは間違いなくタップしてしまうと思うんです。
仮に、今開いているサイトがEYELANDだとしても、自分はタップしてしまいました。
すると表示されるサイトが以下。

Facebookに似せた広告03
あんたのスマホは遅すぎるので、おすすめアプリをインストールして、お掃除しましょう。
ということのようですね。

さすがにここで気付きました。
このサイトやべぇ。と。

以下やべぇと思わせたポイントです。

  • 日本語が変。
  • クリック(タップ)を促す表示。
  • URL表記が微妙。

ここでしっかりとURLが確認できればネットで調べてってこともできたんですけどね。

今回はもう、行っちゃったので行き先のURLを調べてドメインを検索してみました。
ただ、ネット等でドメインを調べてみると特に問題ないようなんですよねぇ。
□ globalmobilecenter.com safe website ? Check it now

さらにURLをメールでパソコンに転送。上記「今きれい」ボタンをクリックすると開くサイトのドメインも調べてみましたが同様でした。
□ imobidl.com safe website ? Check it now

マジアラートだったりして。。
もう、いっぱいいっぱいだもんなぁ。このスマホ。

でも、マジだったとしてもこの広告はちょっと問題あるんじゃないかなぁと思いますね。
どう見てもFacebookそのものですもんね。

血液型オヤジ