新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

Facebook(フェイスブック)人口の多い街は活性化する

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

先日のGa-ya!さん主催の対談でもちょっと話したのですが、熊谷市ではツイッターやFacebookをやっている人が周りの市に比べて少ないようです。
もともと県北では人口の多い市ですからトータルのユーザー数ではどうなのかはわかりません。
ただ、熊谷市でキーとなる人材がツイッターやFacebookを活用されていないのが残念。
そして、それが市が活性化していない理由のひとつであると思うわけです。

スポンサーリンク
 

実はこれ、もともとは第2回埼玉県北Facebook交流会で「埼玉県Facebook交流会」県北支部長で「龍前住研」の社主でもある龍前氏からいただいた言葉。
僕も同意見だったのでこうして扱わせていただきました。

龍前氏はわが熊谷市との比較対照として本庄市、深谷市の例をあげていましたが、確かに深谷市や本庄市にツイッター友達やFacebook友達は多いように思えます。
深谷線香(千幸)花火大会に代表されるように、ソーシャルメディア発のイベントも行なっている深谷市。
深谷市はサイタマノラッパーの舞台でもあり、映画祭なんかも行なわれているようで以前からうらやましいと思っていました。
ツイッターユーザーが多いだけではなく、市長もツイッターをやられてますよね。
□ 小島進 (kojima_susumu)さんはTwitterを使っています

市長がツイッターをやっているというと真っ先に思いつくのが鶴ヶ島市。
実は、市長さんであることを知っていてかどうか覚えていないのですが、いつの間にやらツイッター友達になっていて、実は何度か絡ませてもらっている仲だったりします。
藤縄善朗 (y_fujinawa)さんはTwitterを使っています
おそらく鶴ヶ島市もソーシャルメディアを使った市活性化が行なわれていることでしょう。

つまりそういうことです。
市長さんにツイッターをやれとは言いませんが、ソーシャルメディアを使った市活性化プログラムが活発になされている市は活性化しているのです。
そして、そういった市はおのずとFacebookユーザーも増えてくるんじゃないでしょうか?
で、果たしてそれが我が熊谷市で行なわれているかというと正直、疑問ですねぇ。。

 - Facebook(フェイスブック), レビュー・レポート, 企画・ディレクション ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
空飛ぶ石の動画がFacebookで話題になっている【飛行石】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これ、ほんとなんなんでしょうか …

クリスマスプレゼントにちょっと高価なシャンプーはいかが?全身シャンプー「PURE95」でサラサラの髪に!!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前はシャンプーなんてなんでも …

Facebook(フェイスブック)のプロフィールに旧姓を付ける方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。うちのかみさんが何を血迷ったの …

薄毛(ハゲ・禿頭)の男性はSNS(ソーシャルネットワーク)での出会いに積極的らしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。まあ、いろいろな統計があります …

ネタがないことをネタにする

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。大雨の中、とある複合型ショッピ …

「引用」と「転載」と「無断転載」の違い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、引用と転載の違いをまとめ …

人口減りつつある埼玉県熊谷市の未来への道筋は?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「つぶくま」がきっかけになり、 …

岩波書店は書くだけ偉い?コネ入社は日本企業の当たり前

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。岩波書店が採用情報の応募資格に …

「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー傷だらけのライム」映画評

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、「深谷シネマ」さんに初め …

「Google+」の男子率は86.8%

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□ Google+っ …

血液型オヤジ