新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

新しい流れ。雑誌「ぴあ」電子書籍で復活!

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

今年の7月21日に最終号を発売し休刊となっていた雑誌「ぴあ」。
□ 雑誌不振で「ぴあ」も休刊 「青春の道しるべだった」と惜しむ声 (1/2) : J-CASTニュース

廃刊ではなく休刊という表現を使っていましたが、なんと、そのとおりになり、電子書籍にて復活です。

□ 雑誌『ぴあ』が電子書籍で復活、12月16日から – 電子書籍情報が満載! eBook USER

2011年7月21日発売号を最後に休刊となった雑誌『ぴあ』が電子書籍型の新サービス「ぴあ+(plus)」(仮称)として12月16日に復活することが分かった。(中略)
PCのほか、iPhoneやiPad、Android端末、WindowsPhoneなどからも読めるサービスとなるようだ。

スポンサーリンク
 

今後はこういうパターン増えてくるんじゃないでしょうか?
何しろ電子書籍は雑誌に比べてコストがかからない。

  • まず、印刷にかかるコストがかからない。
  • そして流通にかかるコストも最小限に押さえられる。 

つまり、ほぼ人件費のみで回せるのです。
(ってことは財力のない我々でもやる気とノウハウさえあれば雑誌を創刊することもできるかも)

既に雑誌と電子書籍と両方で展開しているところもありますよね。
□ [ファミ通]全誌面を電子書籍化 28日から毎週金曜配信へ | ホビー | マイナビニュース

実は、僕も来年はiPadを買おうと思っています。

ページをめくるという行為がうざったく感じる世代がいずれ現れてくるのではなんていう人もいますが、
僕は本は決してなくならないと思っているし、ページをめくるという行為自体が本能的なものだと思っています。
「無限ぷちぷち」が流行ったように、「無限ぺらぺら」なんてのもあってもいいんじゃないかなぁなんて思ったり。
今でこそ、本があふれているために気づいていないだけで、本が減ってくるときっとペラペラしたくなる人が増えてくると思いますよ。

ぴあ+の購入はこちらから。
□ ぴあ+〈plus〉 (本日17時オープン予定)
なんか、無料で見れるみたいです。(オープン後追記)

 - 印刷・DTP, 告知・紹介・ニュース

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

今度はブラウザで「Windows」。もう、ブラウザだけあればよくね?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、Macintosh初期の …

no image
【注目商品】万能ガジェット「chumby」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□ぬいぐるみ? いいえ、万能ガ …

no image
アルファな方たちに人気「glac���au vitaminwater」とは?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今、アルファなブロガーの間で「 …

no image
Quarkよ。どこへ行く。。

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。我が社でもついにInDesig …

リアル土佐丸高校「仙台育英」走塁中一塁手の足を蹴って逆転サヨナラ勝ち。ネット民に叩かれる【高校野球】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「ドカベン」という高校野球漫画 …

no image
熊谷市でオススメのお酒の飲めるお店(熊谷散策夜の部)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日(4/16)、「つぶくま会 …

no image
電子書籍関連の企業に転職しました

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。時代は紙から「電子媒体」へ。と …

今年は涼しくてよかった。うちわ祭2016総括

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今年のうちわ祭が終わりました。 …

忌野清志郎さん逝く 【今週のトピック】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。週末に衝撃的なニュースが入って …

劇団「少年社中」の舞台「ヒーローズ」に行ってきた@中野「劇場MOMO」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。中野区は「劇場MOMO」で行わ …

血液型オヤジ