新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

世界一安全なドメインは「.jp」、危険なドメインは「.com」

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで、安いからと「.com」ばかり選んできましたが、やはり高いものにはそれなりの付加価値があるということですね。
「.jp」ドメインが世界一安全なドメインということがマカフィー(McAfee)の調査でわかりました。 
一方で「.com」ドメインは最も危険なドメインだということです。

ぬぉあ~!!

スポンサーリンク
 

以下それぞれの国別ランキングです。

□ 世界一危険なウェブドメインは? 日本は2年連続「最も安全」マカフィー調査 – ガジェット通信

国別ドメイン(危険度の高い順):2010年総合危険度/2009年総合危険度
ベトナム(.vn)  :29.4%/0.9%
カメルーン(.cm) :22.2%/36.7%
アルメニア(.am) :12.1%/2.0%
ココス諸島(.cc) :10.5%/3.3%
ロシア(.ru)   :10.1%/4.6%

国別ドメイン(危険度の低い順):2010年総合危険度/2009年総合危険度
日本(.jp)    :0.1%/0.1%
カタロニア(.cat) :0.1%/0.1%
ガーンジー島(.gg):0.1%/0.6%
クロアチア(.hr) :0.1%/0.1%
アイルランド(.ie):0.1%/0.1%

上記ランキングは国別なので「.com」や「.info」は入っていません。
そちらも入れるとそれぞれ危険度1位、2位となっており、「.com」(31.3%)と「.info」(30.7%)となっています。

なんと、「.com」ドメインサイトの3分の1が“危険サイト”であるとのこと。
ううむ。これはちょっと。。。

でも、Googleだって主要なサービスは「.com」だし、ツイッターやFacebookだって「.com」 。
ドメインを全体を見て判断して欲しいですよね。

そんなわけで、 「plot-factory.com」や「tubukuma.com」は安全ですので、是非、お気軽にアクセスしてみてくださいな。

□ 「危険」なウェブサイトは減少傾向–フィッシングの内訳には変化 – CNET Japan (追記)
全体的には減少傾向らしいです。ちょっと安心。

 - セキュリティ, レビュー・レポート

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

企業の評判口コミサイト「転職会議」が注目する企業TOP100を発表

以前、紹介した転職会議というサイトですが、今ひとつ情報に信用性がないという話もあ …

パスワード「●●●●●●●」を確認する方法

先日、ある方のところへインターネットの設定に伺ったのですが結論から言うと既に設定 …

YouTubeでオフライン再生が可能になると逮捕者が増える?

YouTubeで一時的にオフラインでも動画が見れるようになるそうです。□&nbs …

WordPressの記事(投稿・固定ページ)ごとのパスワード保護はセキュリティの強いサーバーでは動かない

WordPressには記事ごとにパスワードを掛けることのできる便利な機能がありま …

SSLだからって安心できません

うちにも、ベリサインあたりからSSLサーバー証明書を導入しないかといったDMが届 …

某社ノンワーキング・リッチの一日

みなさん「ノンワーキング・リッチ」って言葉はご存じでしょうか? 経済学者でアルフ …

今、だからこそ「忘年会」「同窓会」スパム

時たま紹介しているスパムメール。今回のスパムは忘年会、同窓会を装ったスパムメール …

激おススメのiPhoneアプリのHTMLリファレンス。今なら無料!!

「私はこれでHTMLを覚えました。」 といったキャッチコピーが真っ先に思い浮かん …

no image
ウイルス駆除ソフト

ランキングへの参加方法がわからん。 ま、それはさておき。

「秒刊SUNDAY」閉鎖騒動。結末は?

個人でやられているニュースサイトは数あれど、ここほど特異なニュースサイトはないと …