新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「著名ブロガー死亡相次ぐ」という怖い話

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著名ではないけれどブログをやっている人間として気になるニュース。
J-CASTニュース : 米国で著名ブロガー死亡相次ぐ 日本でも「ドクターストップ」発生
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080410-00000001-jct-sci

スポンサーリンク
 

 米国で著名ブロガーの死亡が相次ぎ、「デジタル時代の労働搾取」と話題になっている。ブログがメディアに匹敵する存在に成長、24時間労働を強いられているケースも多い。
―中略―
なかでも競争が激しいのはテクノロジーやニュースについてのブログ

アメリカではブログがメディアに匹敵する存在に成長しているということです。
これに関してはうれしいことですが、そのために24時間労働を強いられ死亡してしまうこともあるという悲しいお話。
しかも、僕も良く扱っている「テクノロジー」に関するブログが壮絶らしい。
ここで一つ疑問が生じました。
アメリカのブロガーは会社に所属するサラリーマンなのか?
いや、そうでなくても24時間働かないと食べていけないということか?

そこで、死亡した著名ブロガー「Russell Shaw」氏、「Marc Orchant」氏、「Om Malik」氏をそれぞれ検索してみた。
が、英語がわからないことに気付き頓挫。
したがって、推測になってしまうが、おそらくサラリーマンではないだろう。
雰囲気としては戦時中の国へ赴くジャーナリストのような感覚だったのかもしれない。
もしかすると、ブロガーばかりを集めたブラック企業でも存在するのかななんて思ったりもしたのだが。。それに関しては後々しっかり調べてみます。

一方日本では。

「健康に害を及ぼしていると感じたことはありません」(ネタフル
「特に悪影響はありません」(百式
極東ブログ」を運営するfinalventさんは「直接的には健康面での悪影響はない」

という方々が大半の中、
僕も何度か絡ませていただいた経済学者の池田信夫さんは、医者にブログをやめろと言われたこともあるそうだ。
最後にご本人が言っている言葉がそのカラクリの種明かしをしている。

「日本と米国ではカルチャーが違います。米国ではブログに対して『言論』としての意識が高い。日本ではカットペーストしてページランクを上げようとする変てこなブログばっかりですが、米国では、例えばSNSの『Facebook』の様に実名で写真まで載せています。匿名でスパムブログをやってもストレスにならないでしょうが、米国では緊張感が高いんです」

つまり、匿名で無責任なこと言っている限りは問題ないだろうということのようです。

 - レビュー・レポート, 雑談

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ブラック企業は気をつけよう。「サービス残業なう」で労基署(労働基準監督署)が動く

ブラック企業の社長さんは気をつけましょう。なんて言ったら、ブラック企業支持者と思 …

no image
アンサイクロペディアでオリンピックの新競技

昨日(だったかな?)J-WAVEで聞いたオリンピックの新競技の話題です。 競技名 …

女子大生ならiPhone1つで日本一周が可能 (3/19追記)

たぶんです。たぶんできちゃうんじゃないかなぁ。 実際、似たようなことをやっている …

ツイッタードラマ「素直になれなくて」をツイッターで見て (4/17追記)

いやぁ。面白かったです。何がって?昨日から始まったフジテレビ木曜10時の新ドラマ …

プロ野球広島スカウト「母と祖母の運動神経が良いかどうか」が重要

今年のプロ野球、セ・リーグの優勝は「広島東洋カープ」でした。 なんでも、かなりの …

HDD vs SSD

Seagate製のHDDがアクセス不能になるといったトラブルも記憶に新しいですが …

Macintosh新OS「Snow Leopard」発売 【今週のトピック】

□Mac OS X 10.6 Snow Leopard 発売日決定、8月28日 …

no image
「続きを読む」の使い方

今まで殆どつかってなかった機能なのですが、 この前うまいこと使っていたブログを見 …

合意であってもNG。金メダリスト「内柴正人」氏、準強姦罪容疑で逮捕

柔道でオリンピック2大会連続金メダルの内柴正人氏が10代の教え子を暴行した容疑で …

放送禁止用語が蔓延しているツイッター(Twitter)が酷い

「あぶついったー」というのが面白いといわれたので調べてみると、それ以上に衝撃的な …