新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「著名ブロガー死亡相次ぐ」という怖い話

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

著名ではないけれどブログをやっている人間として気になるニュース。
J-CASTニュース : 米国で著名ブロガー死亡相次ぐ 日本でも「ドクターストップ」発生
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080410-00000001-jct-sci

スポンサーリンク
 

 米国で著名ブロガーの死亡が相次ぎ、「デジタル時代の労働搾取」と話題になっている。ブログがメディアに匹敵する存在に成長、24時間労働を強いられているケースも多い。
―中略―
なかでも競争が激しいのはテクノロジーやニュースについてのブログ

アメリカではブログがメディアに匹敵する存在に成長しているということです。
これに関してはうれしいことですが、そのために24時間労働を強いられ死亡してしまうこともあるという悲しいお話。
しかも、僕も良く扱っている「テクノロジー」に関するブログが壮絶らしい。
ここで一つ疑問が生じました。
アメリカのブロガーは会社に所属するサラリーマンなのか?
いや、そうでなくても24時間働かないと食べていけないということか?

そこで、死亡した著名ブロガー「Russell Shaw」氏、「Marc Orchant」氏、「Om Malik」氏をそれぞれ検索してみた。
が、英語がわからないことに気付き頓挫。
したがって、推測になってしまうが、おそらくサラリーマンではないだろう。
雰囲気としては戦時中の国へ赴くジャーナリストのような感覚だったのかもしれない。
もしかすると、ブロガーばかりを集めたブラック企業でも存在するのかななんて思ったりもしたのだが。。それに関しては後々しっかり調べてみます。

一方日本では。

「健康に害を及ぼしていると感じたことはありません」(ネタフル
「特に悪影響はありません」(百式
極東ブログ」を運営するfinalventさんは「直接的には健康面での悪影響はない」

という方々が大半の中、
僕も何度か絡ませていただいた経済学者の池田信夫さんは、医者にブログをやめろと言われたこともあるそうだ。
最後にご本人が言っている言葉がそのカラクリの種明かしをしている。

「日本と米国ではカルチャーが違います。米国ではブログに対して『言論』としての意識が高い。日本ではカットペーストしてページランクを上げようとする変てこなブログばっかりですが、米国では、例えばSNSの『Facebook』の様に実名で写真まで載せています。匿名でスパムブログをやってもストレスにならないでしょうが、米国では緊張感が高いんです」

つまり、匿名で無責任なこと言っている限りは問題ないだろうということのようです。

 - レビュー・レポート, 雑談

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
P905iに変えました

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。F903iを購入して1年。よう …

no image
ワールドカップ開幕! Webも対応【今週のトピック】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。サッカーワールドカップ開幕しま …

no image
若槻千夏、mixiは「捜さないでください」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Yahoo!ニュース &#82 …

ドライブ中、渋滞に巻き込まれたら「周辺迂回」【車載ナビ / カーナビ】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。自分のためのメモ&意外と知らな …

広告産業は詐欺?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。5月15日、東京の上智大学で開 …

イケメン・カワメン・モテメン・ブサメン

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。イケメンホイホイなんていうけし …

フジテレビがノーカットと謳い放送した「アナと雪の女王」のエンディングにツイッターで苦情殺到

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、アナ雪(アナと雪の女王) …

アメリカでは既にテレビはネット(YouTube)に負けている

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。米国での話。10代に影響力のあ …

ホテルヘリテイジ「四季(とき)の湯」へ行ってきた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。パソコン教室の生徒さんからチケ …

忘年会シーズン、ピコ太郎のPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)を強要する「ピコハラ」が話題。今年最後の流行語!?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そーいえば、娘が使うからと貯ま …