新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

サイトをhttps(SSL)化するとアドセンス(AdSense)の広告収益は減るとGoogle

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

Googleがhttps(SSL)に対応したサイトを検索上位にするということを発表しましたね。
□ Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

それに関して、以下の様な記事を書いていました。
□ Google検索でHTTPSページが優先的にインデックスされるアルゴリズム修正。が、気にする必要はない | ちほちゅう

結論、さほどPVや収益には影響ないだろうと言うことで、自分のブログではhttps(SSL)に対応させないよ。ということでした。

セキュリティ

スポンサーリンク
 

が、さくらインターネットでRapidSSL(ラビッドSSL)1年無料キャンペーン(終了)などをやっていたので、とりあえず契約。
サーバー側の設定までは済ませているのでWordPress側を設定するだけでいつでもhttps(SSL)化させることができるようになっています。
いずれ、この手順に関しては記事にしますのでさくらインターネットでhttps(SSL)を使いたいと考えている方は参考にしてみてください。

そこまでやってるならさっさとhttps(SSL)化すればいいのに?と、お思いの方。

以下の記事をじっくり読んでみてください。

SSL 対応の AdSense 用広告コード – AdSense ヘルプ

この記事自体はちょっと前の記事のようです。
GoogleのAdSenseという広告配信システムがSSLに対応したという記事。

注目すべき点は以下の部分です。

サイトを HTTPS に対応させることを検討している場合は、オークションから SSL 非準拠の広告が除外されることによって、オークションの競争率が低下し、HTTP ページに広告を掲載する場合よりも収益が低下する可能性があることに注意してください。

Googleアドセンスをブログに導入されている人は結構いると思います。
自分も導入していて、当ブログの広告費のほぼ9割をGoogleアドセンスが締めている状況です。

これが低下する可能性があるそうなんです。
これはちょっと。。

ということで、今、ここでhttps(SSL)に対応させるということは検索順位を取るのか、AdSense収益を取るのかの選択にもなってくるわけですね。

結論から言うと、検索順位を取ったほうがいいと思うのですが、前述の記事で書いたとおり、さほど変化ないだろうと言うのが自分の見解だったりします。
とはいえ、実はこのところ検索流入が減ってきているという事実もあったりして。。

ちほちゅう最近の検索流入
単なる記事内容の問題であってほしい。

いずれにしても、もうちょっと様子を見て、結果として最終的にはhttps(SSL)化するという形になると思います。
が、今じゃないというふうに感じているのですが、いかがでしょうか?

 - セキュリティ, マーケティング , , ,

アドセンス広告メイン

Comment

  1. […] 情報源: サイトをhttps(SSL)化するとアドセンス(AdSense)の広告収益は減るとGoogle | ちほちゅう […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

さすがに変なところから電話やSMSがきたので美女子アカウントを友達から外した【Facebook】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いや、だから会ったことのない女 …

no image
マーケティングに使えそうなツール

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Webマーケティングに使えそう …

やっぱり仕事中ネットしてる人が多いんだね

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。土日祝日はアクセスが少なくなる …

今、だからこそ「忘年会」「同窓会」スパム

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。時たま紹介しているスパムメール …

no image
DeNA(モバゲータウン)がGREE(グリー)に逆転されたわけ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。DeNAといえば横浜ベイスター …

またまた新しい認識(認証)技術。今度は目でユーザーを判断 【Eyeprint ID】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。虹彩認識ってやつですかね。と、 …

謎のランディングページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。一時期、ある一つの記事でこのブ …

このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Googleでは、検索結果に「 …

ランディングページの価格暴落。40万→サービスに

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ランディングページってのはリス …

宝探しで地方を活性化(次世代マーケティング)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ずいぶん前に読んだ記事ですがそ …