新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

ビットコイン(Bitcoin)怖い。1ヶ月で20万急騰。すぐ後15万急落。現在1ビットコイン27万円

      2017/06/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

ぶっちゃけ、買っておこうかなと思っていた時期もありました。
ただ、何かと忙しく購入に至らなかったのですが、今となっては後悔です。

情報源: ビットコイン急騰急落、何が起きているのか 注目すべきは「中国」 (1/2) – ITmedia NEWS

スポンサーリンク
 

少しづつ相場を上げてきたビットコインですが、なんと、5月に入り急騰。
5月の頭には1ビットコイン15万円ほどだった相場が1ヶ月で最高34万円まで上がったとのこと。

が、それだけで終わればいいのですがその後急落、20万円台まで落ち込み、現在27万程度で落ち着いているようです。

なんと、数日だけで1ビットコインで数万の儲けや損失が出てしまうということになったわけですね。
これは怖い。

なんでも、この背景には中国の大口投資家、いわゆる大富豪の動きが影響しているとのことです。
なんだ、AKB48総選挙とさほど変わらんのね。

それにしても中国凄い。
人口多いもんね。可能性∞。

ただ、ビットコインの取引量では中国はアメリカ、日本について3位とのことで、なんと、日本もかなりの取引量を誇っているようです。
裏ではやられているんですねぇ。。
みんなどこでやってるんだろうか?(インターネットかw)

ということで、今更感漂いますが自分もビットコインを購入して色々やってみようかなぁと思いました。
まずは夏までになんとか購入にまで至りたい。

とは言え、1ビットコインで27万もするわけですから1ヶ月の給料が吹っ飛びます。
流石に無理かなぁ。。と思っていたところ、なんでも0.01ビットコインから購入できるなんていうところもあるみたいです。

がしかし。。
どのサイトもいまいち胡散臭い。

でも、だからこそやってみる価値あるのかもしれません。
まずは、0.01ビットコイン購入。
そこからスタートしてなんとか1ビットコインくらいは手にしたい。

何はともあれ、まずは、情報入手からかなぁ。

 - 会社経営, ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

セブンイレブンの挽きたてコーヒーの買い方が色々あって面白い

実はセブンイレブンもこのドリップコーヒーを一部店舗でやっていた。
ただ、最近、機械を一新して多くの店舗に一気に取り入れているようだ。
また、それに追随してかローソンやその他コンビニエンスストアでもドリップコーヒーを販売し始めた。


こちらがセブンイレブンの新しいコーヒードリッパー。
個人でも欲しいくらいだが多分メンテナンスが大変なんだろうなぁと思う。

自分もいろいろなところのドリップコーヒーを頂いたが、今のところセブンイレブンの新機械のドリップコーヒーが一番お気に入り。
最近は、どこもコーヒーが美味しくなってきてコンビニだけではなくファーストフード店なんかでも結構美味しいコーヒーが飲めるようになってきた。
そんな中でもセブンイレブンのコーヒーはトップレベルだと思う。

さて、今回はそんな自分の一番のお気に入りであるセブンイレブンのコーヒーについて。
実は、色々なところで購入させていただいているのだが、店舗によって販売の仕方が違うようなのだ。
これはおそらく本部にもなにか狙いがあるのかもしれないが、販売方法はあえて店舗側に任せてしまっているらしい。
といったところで、自分が今まで寄ったことのあるお店でどんな販売方法をとっているのかを紹介。
自分なりの解説を付けていこうと思う。

1. カップを店頭まで持っていく

うちの近所なんかではこの方式が一番多く取り入れられているような気がする。
中にはパンのコーナーの上部にホット用のカップを並べたり、
アイス用の氷入りのカップをアイスクリームのボックスの半分に敷き詰めているような店舗もあった。

2. カードを店頭まで持っていく

これは浦和でいつも利用している駅近くのお店で使っている方法。
たしか、古い機械で以前からドリップコーヒーを売っていた森林公園近くの店舗もこの形だったような気がする。
個人的には、カップを持っていくのよりもスムーズでいいと思う。

3. 店頭で注文する

どの店舗でも通用するのがこの方法。
一度でも購入したことがある人はこれでいいんじゃないかなぁ。
ただし、アイスの場合は店員さんがいちいちアイス用のカップを取りに行かなければならなくなる店舗もあるので、そういったところはちゃんと持って行ってあげたほうがいいかもしれない。

ついでに、販売したての店舗は店員さんが機械に付いて操作方法を教えてくれたりもしているのだが、個人的にはこれはいらないんじゃないかなぁと思う。
というのは、分からない方はレジで聞くと思うからだ。

が、しかし、先日、これをくつがえるような初老男性に遭遇した。
彼は、何を思ったのかレジにいかず、カップも貰わず、ドリップボタンを押してしまったのだ。
当然カップがないのでそのままボタボタと100円分のコーヒーを無駄にしてしまったわけだ。
ひょっとすると自動販売機かなにかだと思ったのかもしれない。
にしても、お金を入れるところがないので先に商品を持って、レジに行くんだと思っていたのかもしれない。

もう、押してしまったものは仕方がないので終わった頃に、「あ、それ、先にカップ購入するんですよ」とだけ言っておいた。
まあ、おそらくそういったこともあるだろうからそれくらいで故障するような作りにはなっていないはず。 

とまあ、色々な売り方、いろいろな人がいるという話。
自動販売機でもない、店頭販売でもない、新しい販売の形を浸透させるのはなかなか大変。
でも、こういった形でどんどん新しい形が生まれてくればそれにともなって人の価値観も変わってくる。
大切な価値観もあれば無駄な価値観もあったりするので、身近なところから少しずつ変えていけば、
無駄なものはフェードアウトし、大切なものだけ残っていくと思う。
なんていうわけの分からない深い話になったところで、さようなら。 

【追記】 
先日、セブンイレブンのアルバイトの女の子に聞いたのですが、ホットと アイスで豆が違うそうです。
ホットは3種類の豆のブレンド、アイスは4種類の豆のブレンドだと言っていました。 
なるほど、おいしいわけです。 

Winny開発者無罪に。利用者は利用方法次第で有罪

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ファイル交換ソフトWinnyの …

no image
Webチーム増員

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。日報に書いたら専務から突っつか …

デスマーチ発生のメカニズム

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここで言うデスマーチってのは簡 …

no image
何もできん。会社でやるとみんなに嫌われる癖

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今回もかーちゃんセレクトの記事 …

地域コミュニティの勝利、幸手市の寿司屋「葉菜和」(思い出しレビューその6)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。もう、これで最後といっていなが …

任天堂のハードでインディーズゲームが楽しめる可能性。個人でも3DSのゲームが開発可能になった

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、任天堂がスマホゲームにも …

「ペヤングソース焼きそば」が食べられなくなる?ゴキブリ混入ツイートであっという間に製造中止

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ペヤングソース焼きそばで有名な …

パーソナルスペースを意識するとコミュニケーションスキルがアップする

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、ビジネスマナーの講師の方 …

禁止するのは管理・保護を放棄しているのと一緒

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ソフトバンクの孫さんが高校生の …

血液型オヤジ