新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

スパムがビジネスとして成り立っているのは3つの銀行のおかげ

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

バイアグラ100ドル分を売るのに送信されるスパムメールはなんと1250万通とのこと。
100ドル≒8000円なので、大体1500通に付き1円の売上となるわけですね。
自動送信で1日にどの程度のスパムが送れるのかはわかりませんがこれはちょっとどうなんでしょう?
いずれにしてもかなり無駄なトラフィックを生んでいることは確かでしょうね。

それよりも、もっと興味を引いたのはこちらの部分。

□ バイアグラ100ドル分を売るのに送信されるスパムメールはなんと1250万通! : ギズモード・ジャパン

カリフォルニアのコンピューターサイエンスチームの最近の研究結果によりますと、10億通のスパムメールをリサーチしたところ、クレジットカードで購買にいたるスパムの95%は、アゼルバイジャン、デンマーク、西インド諸島にあるたった3つの銀行のどれかがその取引に使用されています

スポンサーリンク
 

なぜそうなるのかはちょっとわかりません。
その3銀行がスパム業者にとってなにか都合のいいサービスをやっているのかもしれません。
ということは逆にその3銀行がスパム業者にとって都合のいいサービスをやめてしまえばスパムはほどんど駆除できてしまうのではないでしょうか?

ところがそうはならないのが世の習い。
デジタルの世界では偏りがリアルよりも強く現れるために、実はたまたま3銀行に集中しているだけで
他銀行でも十分やっていけるのではという可能性もあります。

 一方で、ちょっと違った視点で見てみると、ひょっとしたらスパム業者は3社しかないのかもという風にも考えられます。
ある社会と一緒で、大元締めが3社、さらにその下に何社か、なんて形になっているのかも知れません。

いずれにしても、世界的に一大ビジネスモデルとなっているのがスパム業界。
これはおそらく無くなることはないでしょう。
受ける側としては今後も、旨いこと付き合っていくしかないでしょうね。
それともむしろこいつをビジネスにしちゃいますかぁw

□ スパム – ちほちゅう (当ブログスパム関連の記事)

 - セキュリティ, マーケティング

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

11人しかフォロワーのいないmixiページですが流入があります

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、「mixiページにアクセ …

Googleバズ(Google Buzz)をやってみた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。twitter(ツイッター)に …

no image
2011年11月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。実はこの記事を書いているさなが …

no image
クリックジャッキングの仕組みと対策

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前話題にしたクリックジャッキ …

no image
2010年8月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここ数カ月のPV推移ですが以下 …

スマートフォンのパスコードロックは意味なし。iPhoneで3度め、GALAXYでも

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。iPhoneの時はパスコードロ …

景気回復?日本の広告費が5年ぶりに増加へ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これは我々メディア業界にとって …

ゲームは飽きる。GREEやモバゲーは今後どうしていくのやら

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。飽きずに良くもずっとゲーム続け …

宝探しで地方を活性化(次世代マーケティング)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ずいぶん前に読んだ記事ですがそ …

タバコは吸わないが酒は飲む。金持ちと貧乏人の生活習慣の違い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これ読むと自分、だいたい金持ち …

血液型オヤジ