新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

コンバージョン率を上げるランディングページのコツ

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

クリック率を上げるバナー広告のコツ
クリック率を上げるキャッチコピーのコツ
こちらの記事で広告がクリックしてもらえるようになったら、
今度はコンバージョン率を上げる(コンバージョンアップの)ランディングページのコツを覚えましょう。

【売れるネット広告】今すぐサイトのコンバージョン率を上げるには?:MarkeZine(マーケジン)

スポンサーリンク
 

1.つかみが大切

 広告原稿をクリックした消費者は8秒以内にそのページを読むか読まないかを判断する。そのため、コンバージョン率を上げるための1つ目のポイントは、瞬間的に「このページはお客様の求めていたページですよ」ということがわかるようにして、消費者をガツンと「つかみ」、逃がさない事である。

このつかみを得るためには特にデザインが重要となってくる。デザインに関しては後半でも説明していますが、コテコテキーワードをポイントとしてうまく使うことが必要となってきます。

2. 余計な情報は省き、伝えたいことをダイレクトに表現

その商品提案以外の余計な情報は省いて、必要最低限のコアな情報を提供し、「お申し込みへの誘導」のみを意識したサイトを制作するべきである。

ランディングページは既存のページへのリンクではなく、新規に作ったほうがよい。
もちろん、既存のページに伝えたいことがダイレクトに伝わるページがあればそれでもよい。

3. ボタンとランディングページはデザインを統一させる

バナーに特定のキャッチコピーや写真を入れた場合、必ずリンク先のキャンペーンサイトでもまったく同じキャッチコピーと写真を使用するべきである。

訪れた人がデザインが同じだということで安心感を覚える。逆にデザインが違うと不安になり、出て行ってしまう。

4. いきなり商品をアピールせずに、情報から入る

 キャンペーンサイトに、最初からいきなり商品をコテコテにアピールする事は避けたほうが良い。情報を求めているインターネットユーザーにいきなり商品のセールスをすると、数秒もたたないうちに逃げてしまうのである。
 インターネットの特性からコンバージョン率を劇的に上げる王道テクニックは、「まず情報でひっかけて、途中から商品へ落としていく」ことである。ちょっとイヤラシイ言い方をすると、「不安感を増大させる情報を提供し⇒解決策として商品を提示する」のがコンバージョン率を上げる王道のテクニックである。

いきなり商品写真や(たとえ安くても)値段を謳ってはダメ。これは、
「クリック率を上げるバナー広告のコツ」でも説明したが、商品を強くアピールする意図で作成してもダメだということ。
まずは、情報を与え、解決策として商品を見せてあげるのがコツ。

5. チラシ、広告のデザインは通用しない

 多くの通販会社は「コテコテ」に売り込んだサイトを使っている。キャッチコピーは「赤文字」を使い、「爆弾マーク」があらゆるところにあり、「すごい!」「最高の!」「効く!」「魔法の!」「ドーンと!」「マスコミで注目!」などのコピーを多用しすぎる。―中略―
 ただし、多用しすぎるのは危険である。実はインターネットにおいては、売り込み度の強さに反比例して、そのサイトのコンバージョン率は下がる。売り込みに対して消費者は、本能的に防御心が動く。―中略―
 ただし、コテコテキラーワードは、うまく使えば消費者の心理を惹きつけることも事実。全面に出すのではなく、「要所」に「タイミングよく」「スマートに」これらキーワードをうまく選定・活用していきたい。

チラシや広告と違ってランディングページ等Webサイトはそこに行こうとして来た人が大半。
つまり、「目立たせる」「インパクトを与える」などといった必要はないのです。
そういったことに固執すると逆に効果のないページになってしまうようです。
ただし、インパクトを与えるためのコテコテワード(あわせてコテコテデザイン)は使いどころを間違えなければ絶大の効果を発揮します。

といったところで、最後にコテコテワードの例です。

【コテコテキラーワードの例】
最高の・誰でも・カンタン・~するだけ・すごい・なんと・今なら・しかも・もれなく・さらに・たった・一日たった○円・緊急決定・ついに・効く・効いた・禁断・一挙公開・初公開・スクープ・オフレコ情報・最新情報・超絶・秘密・マル秘・裏ワザ・発見・~は~だった・○○○とは?・一変させる・次世代の・謎・衝撃・驚異・極限・選ばれた・秘密・秘法・門外不出・究極・秘伝・魔法・悪魔の・天使の・福音・予言・シークレット・禁断の・ノウハウ・圧倒的・劇的・最強の・○○の法則・研究・先生・認める・認定・プロ仕様・超破壊力・高性能・新型・強烈・超豪華・理想・完全・本当・爆発的・本気・伝説・最高・限定・危険・極める・必殺・完璧伝授・無敵・過激・大進化・壮大・歴史の証人・史上最高・名人直伝・大興奮・怒涛・大満足・白熱・最前線・大放出・無料・保証・発覚・極秘・速報・特報・封印・人気絶頂・大分析・一発必中・驚き・完全制覇・決定版・最終報告・史上初・プレゼント・お買い得・先着・激安・クーポン・値引き・お値打ち・お楽しみ・安心・自由・高級・満足・~放題・賞金・おすすめ・即納・無限大・大人気・ヒット商品・儲け・注目・バカ売れ・節約・カンタン・利息・新登場・有名・感動・期間限定・大喜び・明るい・大評判・大売出し・極楽気分・刺激的・楽しい・幸福・思いのまま・面白い・一発・効いた・殺到・凄い・人気沸騰・美・強・楽・爆・激・幻・マスコミで注目・アレ・コレ・バッチリ・ズバリ・あるある・スパスパ・ぴったり・ピチピチ・モチモチ・メキメキ・ピカピカ・コツコツ・スッキリ・モリモリ・ラクラク・ガッポリ・ホクホク・バンバン・ガンガン・バーン・ドンドン・ドーンと・バーンと・ジャンジャン・サクサク など

あくまでも使い過ぎにご注意ください。

 - デザイン, マーケティング

アドセンス広告メイン

Comment

  1. slash より:

    勉強のためにランディングページを集めています。
    http://www.landingpage-link.jp

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
炎上を真面目に考えてみる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。当初、炎上の力学というタイトル …

no image
テキスト広告のほうがバナー広告よりもクリックされコンバージョンも高い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。みなさんはバナーブラインドネス …

2016年9月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。8月に引き続き、9月も今年は雨 …

逆転の発想。Facebook上で広告主が集めた顧客に対して広告を配信するシステム導入

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Facebook上の広告や「G …

Photoshopの描画モード「覆い焼きカラー」の使いどころ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。DTPツールのみならず、様々な …

YouTube(ユーチューブ)で「/」を入れて検索すると8bitテキストブラウザのようなデザインになる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。へぇ。こんなの知らなかったよぅ …

Flickrがリニューアル。とにかく写真が大きくて綺麗!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なかなか日本語対応してくれない …

no image
2008年12月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今年は株価の年間下落率が過去最 …

InDesignCS2で表スタイルを使う方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。インデザインCS3とインデザイ …

no image
2015年。ディスプレイ広告はこうなる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。グーグル(Google)が20 …

血液型オヤジ