新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

FireworksのHTML書き出し方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

今となっては昔の話ですが、FireworksでのHTML書き出し時のお話。
忘れないうちに書いておく。

スポンサーリンク
 

みなさんは、FireworksでHTMLを書き出しするときはどうしてますか?
スペーサー使ってますか?
そもそも、スペーサーって何?って人もいるかもしれません。
スペーサー(SPACER)とは、HTML書き出し時にレイアウト崩れを防ぐために、
FireWorksが勝手につけてくれる1px×1pxの透明GIFファイルのことです。
ちなみにファイル名は「spacer.gif」。
書き出し後に画像のあるディレクトリを覗いてみると、きっと見つかるでしょう。
これを、テーブルの一番上(もしくは一番右)のセルに貼り付けて、
レイアウトが崩れないようにしています。
(そもそも、テーブルタグをレイアウトに使うのはオススメできないのですがそれは置いておいて)
さて、こうやって作り出したHTMLをDreamweaver(かつてドリームウェーバーと言っていましたが間違いです。ドリームウィーバー「夢をつむぐ」が正解です。)へ持っていって、編集します。
テキストはなるべく画像じゃないほうがいいので打ち直します。
画像だったテキストを打ち直すと文章がリフロー(文字が溢れ出る)しちゃうこともありますが、
そうなるとさあ大変。レイアウトがぐちゃぐちゃに。

そんなときは、書き出し時にスペーサーなし(ネストテーブルスペーサーなし)をえらんで書き出ししましょう。
Dreamweaverで開くと画像の切れ目に罫線が入ってますが気にしない。
(var.8ではこの問題は解決しているようです)
検索置換で「undefined」を「0」に置き換えれば直ります。
準備OK!!

この形式で書き出したHTMLファイルを使うと、
valignで、上ぞろえ、下ぞろえ等の設定をする必要はありますが、
比較的自由に画像をテキストに変えたり、
インラインフレームを入れたり、
本文部分をすっかり入れ替えたりできるようになります。

ぜひ、お試しください。

 - Webデザイン, 覚え書き

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

受信はできてもメールが送信できない時にチェックすべき2つの項目

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近のメールアドレスはセキュリ …

倫理弱すぎ、物理が最強!! 【言葉】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□404 Blog Not F …

no image
動き始めたPFリンクス

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。SEO対策の一環として設置した …

二日酔いには「スプライト」がいいらしいはデマ?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。中国の大学ということで、ちょっ …

社内ネットワーク(イントラネット)でログインパスワードを変えたら確認しておきたい唯一の設定

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。WindowsにはログインID …

ブラインドタッチを覚えるための10のポイント

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日より、ブラインドタッチを覚 …

no image
続きはWebで。

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そろそろ「続きはWebで」につ …

no image
mixi見直した!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。mixiはあまり商売につながら …

「Flash CS6」で編集したファイルは「Flash CS4」では編集できない

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。盲点でした。 訓練校でFlas …

アメブロ(アメーバブログ)にzenbackを導入する方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。zenbackに関してはソース …

血液型オヤジ