新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

SSL証明書の切り替え、引き継ぎに注意しよう。危険なサイトと判断されPV激減

      2017/02/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SSL化早まったかなぁ。。

先日、SSL証明書の期限が1月中で切れるので引き続き使うための手続をおこないました。
これが、しっかり手続きされていなかったようでして。。

1月31日10:00頃、1月中までのSSL証明書の期限が切れ、当ブログにhttpsでアクセスしたときのGoogle Chromeの表示が以下のようになってしまいました。

スポンサーリンク
 

「詳細設定」→「https://chihochu.jp にアクセスする(安全ではありません)」と進めば無理やり閲覧することはできるのですがそんなことする一般人はいません。
これによりPVが激減。
なんと、PVが半分以下にorz

1月31日の地点では2月1日になればSSL証明書が更新されてPVが戻るかと思っていたのですが、そうはならず。

というのも、引き継ぎの手続がしっかりできていないようだったんです。

2月1日の午前中にWordPress側の設定をhttpsからhttpに再度切り替えておきましたが、2月1日のPVをみたところそれも殆ど効果がなかったようです。
むしろ減らしてますね^^;

で、昨日、しっかりと手続とれ、なんとかhttpsでのアクセスも復旧。これでPVが半分以下に落ちてしまっていました。
ちなみに、手続きに関しては後ほどまとめて記事にしようかと考えております。
ラピッドSSLがやすいので「plot-factory.com」でも取得してみようかなぁと。
そのときに、検証して記事にします。

ひょっとしたら安いがゆえに、ラピッドSSLではどうしてもSSLの引き継ぎ時に一時的に証明書が使えない状態ができてしまうのかもしれません。
というのは、1月31日の早い段階でSSL証明書が切れてしまったから。

10時前、ブログを書いている最中に急にセキュリティ警告が表示され、途中まで書いたブログが消えてしまわないかとかなりビビりました。
アラートを無視し、そこはなんとか事なきを得たのですが。。

で、あればその対策みたいなものも紹介できればと思っています。
なるべく、間を空けずにSSL証明書を更新する方法ですね。
(ひょっとしたら事前に新しい証明書をインストールしちゃえば良かったのかもしれませんが)

それにしても、当ブログを定期的に読んでいる方にはホント、ご迷惑おかけいたしました。
当ブログ、当然ですがパスワード、メッセージ、クレジットカード情報なんて取得しようとしていませんから。

次回(3年後)の更新時期には注意しようと思います。
これからも、末永くよろしくお願いしますm(_ _)m

 - セキュリティ, トラブル , , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
恐怖のgoggle.com

googleじゃありません。goggleです。 怖いもの見たさでアクセスしようと …

no image
液晶モニタにはデガウスがない

いやぁ、お恥ずかしい。。 液晶モニタにはデガウスはなかったんですねぇ。 「Mac …

炎上は一部の人たちが作り上げている

Tumblr(タンブラー)でもクリッピングさせてもらった記事 □Business …

WiMAX+iPhoneでFoursquareチェックイン時にエラーを起こすとFlicksquareの設定が壊れる

かなり特殊な環境なので致し方ないのかもしれませんが一応ご報告。本来は英語で書いて …

忘れたパスワードを確認できる「SeePasswd」

先日記事にした「パスワード「●●●●●●●」を確認する方法」で紹介したツールを実 …

該当したらすぐ変えよう。数字4桁の暗証番号使用率ランキング

最近では4桁の暗証番号は減ってきていますが、いまだに銀行などでは4桁の暗証番号で …

殆どのスマホユーザーの個人情報はFacebookに握られている

そう、それがシャドープロファイルと言われているものです。
そして怖いのはこのシャドープロファイル、Facebookアカウントを作ったことのない人のものまで作られているとのことです。

あるFacebookユーザーの連絡先にあなたの個人情報が書かれていたら注意。
その方がFacebookに連絡先へのアクセスを許可していたらあなたがFacebookをやっていなくてもアウトです。 

ではどうやったら防げるのか?
最近ではFacebookアプリがプリインストールされているスマホ(スマートフォン)も多いのでほぼ防ぐことは不可能でしょうね。

つまり、

過去にFacebookのアカウントを作ったことがなく、Facebookを利用している人とアドレスなどの交換をしていないという場合のみ「あなたのシャドープロファイルは作られていません」

とのこと。
Facebookのアカウントを作ったことがない人は結構いるんじゃないかと思います。
ただ、Facebookを利用している人とアドレス交換をしていない人なんて殆どいないんじゃないでしょうか?
そもそも、その人がFacebookをやっているのかどうか調べてアドレス交換するなんてことできないでしょうし。。

これから、こういった情報が一般的になってくると、自分のようにFacebookやってる感を前面に出している人なんかは逆に、嫌厭されてしまうような時代がきてしまうのかもしれません。
でもね。
結局は架空請求や先日被害にあった債権回収詐欺等、それを使う悪いやつがいなければ別に個人情報何ら問題ないんですよね。
だって、かつては電話帳(ハローページ)に普通に電話番号が載っていた時代があるんですから。
嫌な時代になっちゃいましたねぇ。。

あとはFacebookの技術を信じて、そういった悪い輩に個人情報が流れないようにしてもらうしかないですね。
よく、「あとは神のみぞ知る」なんてこと言うことがありますが、Facebookもそういう意味では神の領域に入りつつあるのでしょうか?
人間が神の領域に足を踏み入れるとどうなってしまうのか? 注目して行きましょう。 

no image
印刷業の街、小石川で起きた惨劇について

□一家3人死亡、3人重傷=包丁で無理心中図る-製本業者、経営に悩みか・東京(時事 …

no image
フォルダにいれずに圧縮すると解凍できないことがある

WindowsXPからZIP圧縮が標準でつくようになって便利になりました。 とこ …

no image
北朝鮮で色々【今週のトピック】

たまたま北朝鮮のネタが2つ入っていたので今週のトップトピックは北朝鮮。 □ 北朝 …