新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

ルパンファンにはパンドラの箱?「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」

      2014/11/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

三連休の最後は台風上陸の影響で雨模様。
そこで、久しぶりにDVDなど借りて見たりしていました。
2本借りたうちの1本がこの「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」。
以前、テレビで放送した「ルパン三世vs名探偵コナン」の続編に当たるストーリーとなってるようで、
TVアニメの前作に比べてより多くの名探偵コナンのキャラクターが登場しています。

□ 映画『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』 

スポンサーリンク
 

一方でルパンキャラの登場は少なめ。
そもそもルパン三世というアニメ自体、固まっている5人のキャラクターを中心に展開するアニメーションですもんね。
ルパン三世、次元大介、石川五エ門、峰不二子、そして銭形警部。
この5人がとにかく個性的すぎるんですよね。

ちなみに娘は大の名探偵コナンファン。
そして僕は言わずと知れた大のルパンファン。
お互いが違った視点で見ていたのですが、おそらくルパン三世ファンよりも、
名探偵コナンファンの方が楽しめたんじゃないかなぁと感じました。

前作から通してみたのですが、ルパン三世ファン視点で見ると、ルパンキャラがコナンキャラにちょっとイジられすぎてる感じが否めない。
次元とコナンの絡みにしろ、不二子と藍ちゃんの絡みにしろ、アジトに少年探偵団たちが訪れて五エ門と話しているシーンなんて、ルパン三世ってそういうアニメじゃないのにぃとちょっと悲しかったのも事実です。

まあ、仕方がない。
これはルパン三世ではありません。名探偵コナンにゲストでルパン三世がでている感じですね。
ってか、そもそもストーリーは名探偵コナンの作者、青山剛昌氏が殆ど作っているようです。
モンキー・パンチ氏はちょこっと目を通しただけだとか。
モンキー・パンチ氏の心の広さ(いい加減さ?)に乾杯!

と言った感じで、ルパンファンからするといろいろ不満点もありましたがコナンファン、及び総合的に判断すると非常に楽しめる作品だったと思います。
ただ、本家、名探偵コナンでもよくあるのですが、ちょっとストーリーが複雑に入り混じり過ぎた感じはしました。
何しろ、テレビのみで放送された前作にもつながりがあったりして。。

ルパンファンは判断に苦しみますが、コナンファンは間違いなく見て欲しい作品です。
そして、ルパン三世にも興味を持ってもらい、いずれルパンファンになってもらえたらと思ってます。
ってか、娘がまさにそういった道筋を歩んでいるものですから。 

 - レビュー・レポート, 映画

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

iPhone2年使ったらAndroidフォンだなぁ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。iPhone(アイフォーン)買 …

尾瀬へ行ってまいりました。

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。お休みをいただいて、一泊二日で …

日本では子供の数よりペットの数のほうが多く、赤ちゃんのおむつより老人のおむつのほうが売れている【少子化問題】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Tumblrの過去ログ読んでい …

no image
J-WAVEと私

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。J-WAVEとの出会いは、まだ …

実はユーザーはオープンよりもクローズドを求めている

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。何かとオープン化オープン化とい …

バスケ部主将自殺の「大阪市立桜宮高校」がネットで話題。橋下市長殺害予告など

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。体罰を苦にしたバスケットボール …

青少年が閲覧しても問題ない5サイトに行ってみた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。さっそく青少年が閲覧しても問題 …

ノートパソコン(INSPIRON 5150)がやばそうになってきた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。会社で全く起動しなくなったので …

モバイルマーケティングセミナーin東京ビッグサイト会議棟

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ご承知の通り「Web2.0マー …

挑戦的な看板の「麺屋 嵐」は意外とあっさり(東京都足立区)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。前日群馬で味わった貴族気分とは …