新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

途中で「いいね!」された記事を差し替える。そんな裏マーケティング手法があるらしい【Facebook】

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

さて、これを使うのかそれとも今後は「いいね!」に注意するのかはあなた次第。
ちなみに自分はこんな経験ありません。

□ 「いいね!」をする前に気をつけたいFacebookの注意点 グリッティ

スポンサーリンク
 

Facebookでやたらと「いいね!」される感動逸話というのが存在します。
中には真実もあるようですが、胡散臭いものが多いのもたしか。 
「感動のバス話」なんて有名ですね。元は2ちゃんねるのコピペだとか?
Facebookで大人気の「感動のバス話」は2ちゃんねるのパクリ改竄されたもの – ガジェット通信
こういうパクリ行為をする人がいるってことでそれに関してはこちらも参考に。
なぜ彼らはパクるのか? パクツイ常習犯が語るTwitterの闇 – Yahoo!マーケット連載特集
というか、人間は基本的にパクリ体質なようで、それはまたいずれネタにしようと思っていたので割愛。

で、これをうまく活用した裏マーケティング手法があるらしいです。

感動系の話をエサにユーザーを釣り「いいね!」やシェアでその投稿がじゅうぶん広まると突然投稿内容を差し替えることもある

なるほど、途中で記事を差し替えるということをやっているようです。 
ツイッターの場合は一度ツイートした文章は変えられませんが、Facebookの場合は写真を添付した記事に関しては修正可能なんですよねぇ。
これ、後で詳しい手順、単独記事にしておきます。

ただし、前述のとおり自分はそういった目にあったことないですし、実際そんな記事を見かけたことないので、まだ一部でしか起きていないことなのかもしれません。
が、覚えておいたほうがいいでしょう。 

【関連記事】  超危険!Facebookの感動話に「いいね」をしてはいけない理由 | WooRis(ウーリス)

 - Facebook(フェイスブック), マーケティング, レビュー・レポート ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ブルーモルフォさん主宰Facebook勉強会に行ってきた!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「花で世界平和」でブランディン …

巨大CFで一気にイルミネーター(Illuminator)オニキス!! 大きなCFを作る時のポイント【INGRESS】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。皆さん、INGRESSやってま …

超B級エンタテインメント映画「リアル鬼ごっこ」を見た

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。前から気にはなっていたんですよ …

海外で評価の高い故「今敏」監督デビュー作「パーフェクトブルー」は夢と現実とドラマとネットが入り混じる名作ミステリーアニメーション

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。英国で評価されている世界のアニ …

no image
強化されたタグ機能が与えた利点

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Livedoorのデザインテン …

埼玉県北で梅をみるなら「武蔵丘陵森林公園」か深谷市「緑の王国」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。3月3日は桃の節句と言いますが …

no image
空飛ぶ石の動画がFacebookで話題になっている【飛行石】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これ、ほんとなんなんでしょうか …

GoogleさんがCSSが重いというので調べてみた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Googleさんからまたアドバ …

ツイッター(Twitter)から請求書が届く新手の振り込め詐欺

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これ、本当なんでしょうか? t …

長年の謎が解ける、見世物小屋の牛女は逆関節の女性

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。見世物小屋というのがありますね …