新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

熊谷「愛」にあふれた結婚式、宇野元英さん&和久井彩世さんおめでとう!

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ある方の結婚式に参加させて頂きました。
結婚式なんていうと 随分と久しぶりなのですが、この結婚式が非常に良かったので紹介させて頂きます。
コンセプトは地元愛。
もし、お互い地元同士でご結婚の予定のある方がいれば、是非、参考にしてみてはいかがでしょうか? 

スポンサーリンク
 

当初、お二人の個人名は控えさせていただこうかなぁとも考えていましたが、お二人とも個性的な方なので紹介することにしました。

新郎はかつてマスラヲコミッショナーというバンドでベーシストとしてメジャーデビューをされていた「宇野元英」さん。
その後、タウン誌編集長、ラジオ局長を経て、現在、熊谷市役所の商業観光課にて臨時職員として働いています。
新婦は旧姓「和久井彩世」さん。
彼女もプロの歌手として曲を1曲出していて、ネット配信で多くの方にダウンロードされたようです。
他、レースクイーンなどもやっていたりとタレント活動をする傍ら現在は福祉施設でお仕事をしています。

自分はもともと、新郎と交流がありまして、つぶくまや、うちわ祭・de・ほっとスペースにおいて、活動を共にさせて頂きました。
また、マスラヲコミッショナーはあまり聴いたことないのですが(ごめんなさい)、今のバンド「nanisama?」は好きで、頂いたCDをたまに聞いたり、ライブにもいかせてもらったりしています。 
そういえば、「Ga-ya!」さんの巻頭特集でご一緒に対談させて頂いたこともありましたね。
その時、一緒だったホシカワカフェさんも結婚式に参加されていました。

と、そんな関係の宇野さんですが、実は、結婚式前に、とある場所でお二人でデートされているところに遭遇。 
たまたまその時、自分も娘と二人だったのですが、娘が彩世さんの綺麗さにビックリしてましたね。 

さて、結婚式当日は生憎の雨、傘を差しての会場(ホテルガーデンパレス熊谷)入りでした。
受付にはミュージシャン仲間の力山哲也さん。
会場に向かうと、他、政治家の方なんかも見えてました。
お二人の顔の広さを感じさせられました。

そして式の内容がこれが良かったです。
ここは箇条書きにて書いていこうと思います。

  • 熊谷市長「富岡清」氏のビデオレターからスタート。
  • 新郎新婦入場のBGMがうちわ祭の生お囃子。
  • 来賓挨拶では新郎恩師の「宇野元英は死んだ」の一言にビックリ。
  • 食事とお酒。
  • お色直し中には新郎によるお囃子の喧嘩囃し。
  • 手作りビデオが泣けた。
  • お二人の即興ライブ。
  • メインイベント両親への手紙。
  • 引き出物の妻沼縁結びグッズとめおと五家宝。
  • 二次会盛り上がったぁ。

太字にしたのは特に熊谷「愛」を感じさせるプログラム。
熊谷市が熊谷市出身同士の結婚式に限り、特別にサービスとして行ったら町おこしにもなっていいのではないかなぁと感じた部分です。
 
それぞれ記事にできちゃうくらい内容は濃かったのですが、ここではいくつかピックアップして写真等を紹介するのみにしたいと思います。
最後に、宇野さん自身の記事を含め、他の方の記事のリンクも入れておきますので、そちらもよろしかったらご覧いただけたらと思います。

まずは食事とお酒。
  
ごちそうさまでした。

お色直し中(だったと思います)に行われた新郎のお囃子(銀座区の喧嘩囃し)

お二人の即興ライブ。

さすが様になっています。

熊谷愛の詰まった引き出物。
 
左)堀内製菓さん「めおと五家宝」/右)妻沼縁結び商品詰め合わせ
ちなみに自分の今使っているバッグもカタログで選んだ引き出物の一つです。

で、最後に二次会の集合写真。

と、見ての通り大盛り上がりの結婚式、及び、二次会でした。
この後、何人かはそれぞれ三次会へも向かったそうですが時間も早かったですしひょっとしたら四次会くらいまであったかもしれません。

お二人、末永くお幸せに!

宇野元英、和久井彩世の結婚式に参加!その1|『毎日が革命』「転職王」正己の「転職バカ」 (臼井正己公式ブログ) 
私事ですが・・・ / あついぞ!熊谷 熊谷市観光協会 – 旅じまん

PS. その後、不思議とちょくちょく宇野さんにはお会いしています。また、なにか面白い事やりましょうね!

この日のツイート

 - レビュー・レポート, 企画・ディレクション

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

クリスマス商戦。スマートフォンにしていないだけで2000円もの損失

スマホ(スマートフォン)への機種変をケチっていつまでもしないと、買い物でも損をす …

日用品、消耗品が無くなったらボタン一つでお届け。Amazonプライムの新サービス「ダッシュボタン」

これは未来。そして便利なこと間違い無し。 ネット通販大手アマゾンジャパンは5日、 …

Facebook(フェイスブック)人口の多い街は活性化する

先日のGa-ya!さん主催の対談でもちょっと話したのですが、熊谷市ではツイッター …

激おススメのiPhoneアプリのHTMLリファレンス。今なら無料!!

「私はこれでHTMLを覚えました。」 といったキャッチコピーが真っ先に思い浮かん …

僕が社員雇用のSE(システムエンジニア)を一ヶ月でやめた理由

この歳でせっかく決まった正社員のお仕事を辞めてきました。 一番の理由はSE(シス …

Facebook効果で正月3日に「東京スカイツリー」に登ってきた

今年の正月はある予定を立てていたものの天候不順で中止に。これで今年は寝正月かなぁ …

no image
ブロマーシャル第一弾「ルミブロ」が始まった

ブロマーシャルとは、ブログとテレビ番組を連動させたクロスメディアパッケージ「ブロ …

「靖国神社」の神門に放火、ツイッターに犯行予告があった!? (30日追記)

放火繋がりでもう一つ放火に関する記事を。 年明けを前にしていろいろ問題の指摘され …

no image
新聞は本当になくなってしまうの?

「新聞はなくなり、新しい形態になる」 Web 2.0提唱者オライリー氏 http …

妻が病気ぐらいで会社休んじゃダメです

社畜と呼ばれている日本の一般的なサラリーマンとその慎ましやかな妻の意見です。 こ …