新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

滞在時間が長いページの感心にマッチしている広告がよく見られる

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

どういった広告がよく見られているのか?
少し古い記事ですが実際被験者の動きを見ながら検証された記事がありました。

□ ユーザーが「見る広告」「見ない広告」–ユーザーの行動を決める要素とは? – CNET Japan

スポンサーリンク
 

結果以下の2つの特徴が見て取れたそうです。

・1PVあたりの滞在時間が長いページ(動画を見ている時、ネットで暇つぶしをしている時など)
・専門メディア内でかつユーザーの感心にマッチしている

この他、

・口コミサイトでは広告はあまり見られない。
・情報を求めている等、目的がはっきりしている場合はリスティング広告もあまり見られない。

等の傾向も見て取れたとのこと。
当然ながら見る機会が増えればクリックされる機会も増えるわけでこれは覚えておいたほうがいいでしょうね。

ただ、理屈では分かってもどうすれば1PVあたりの滞在時間が長いページでユーザーの感心にマッチしている広告を見せることができるのか?
滞在時間はコンテンツの作りこみ次第で少しは伸すことが出来るかもしれませんが、ユーザーの感心にマッチしている広告というのはなかなか自分でコントロールさせるのは難しい。
がしかし、実はこれも少しだけであればコントロールすることができるんです。

その手法に関してはまたいずれ別記事で解説したいと思います。

 - SEO・SEM, マーケティング

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
「ナビゲーションサマリー」と「ページ遷移」の違い(Google Analytics)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Google Analytic …

Pitta!(ピッタ)で粘ったら少し広告収入が増えた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。過去に「Pitta!(ピッタ) …

え? iPhone5sゴールドモデルがヤフオクで20万?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。確かにiPhone5sゴールド …

ステマ(ステルスマーケティング)とは何のこと?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。久しぶりに「何のこと?」シリー …

「ブログ」→「Facebook」の連携を「ツイッター」経由に変えた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Facebookがどうもかなり …

no image
若槻千夏、mixiは「捜さないでください」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Yahoo!ニュース &#82 …

アドセンスの振込先をシティバンクのeセービングにする方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。アドセンスの振込先をシティバン …

2015年6月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。6月はかなり変動がありました。 …

no image
続きはWebで。

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そろそろ「続きはWebで」につ …

no image
20代、30代を中心にモバゲータウンが伸び続けている

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。法規制もなんのその、モバゲータ …