新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

滞在時間が長いページの感心にマッチしている広告がよく見られる

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どういった広告がよく見られているのか?
少し古い記事ですが実際被験者の動きを見ながら検証された記事がありました。

□ ユーザーが「見る広告」「見ない広告」–ユーザーの行動を決める要素とは? – CNET Japan

スポンサーリンク
 

結果以下の2つの特徴が見て取れたそうです。

・1PVあたりの滞在時間が長いページ(動画を見ている時、ネットで暇つぶしをしている時など)
・専門メディア内でかつユーザーの感心にマッチしている

この他、

・口コミサイトでは広告はあまり見られない。
・情報を求めている等、目的がはっきりしている場合はリスティング広告もあまり見られない。

等の傾向も見て取れたとのこと。
当然ながら見る機会が増えればクリックされる機会も増えるわけでこれは覚えておいたほうがいいでしょうね。

ただ、理屈では分かってもどうすれば1PVあたりの滞在時間が長いページでユーザーの感心にマッチしている広告を見せることができるのか?
滞在時間はコンテンツの作りこみ次第で少しは伸すことが出来るかもしれませんが、ユーザーの感心にマッチしている広告というのはなかなか自分でコントロールさせるのは難しい。
がしかし、実はこれも少しだけであればコントロールすることができるんです。

その手法に関してはまたいずれ別記事で解説したいと思います。

 - SEO・SEM, マーケティング

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Yahoo!の17億PV/日はどれだけ凄いのか

Yahoo!ロコが4月から始まるということで、Yahoo!のサイトで動画を流して …

【B2B-nation zero】Google×ネクスウェイ

ネクスウェイ主催の「B2B-nation zero」第3弾。 Google×ネク …

no image
ポータルサイトのニュースでメディア操作

大手ポータルサイトのニュースの管理って楽しそう。 ニュースの選択もそうですが、 …

no image
登録できる検索エンジンを探し出す方法

SEO対策のひとつである被リンク増殖法ですが、自動スクリプトなんかも考えましたが …

ヘッダー広告のサイズを468×60から728×90に変えた

当ブログのヘッダー部に貼っている広告はGoogle Adsenseです。 今のと …

知らぬ間にモバイルからのアクセスがPCからのアクセスを超えていた【当ブログ】

WordPress移転後、なんとなーく読んでる人たちが今までの人たちとは違ってき …

no image
2009年2月のヒットキーワードとヒットページ

記事数=PV数といった法則は本当のようで、たいした記事ではなくてもとにかく書くこ …

2016年8月のヒットキーワードとヒットページ

今年の8月は非常に台風の多い月でした。 3つまとめて発生し、それが全部上陸(ひと …

no image
「どんなツイートがRTされやすいのか?」が意外と勉強になる

こんなサイトがあったとは。■ オモコロ あたまゆるゆるインターネット …

自分のサイトがどこからリンクされているか(被リンク)調べることができるサイト「hanasakigani.jp」

かつて、SEOは内部対策と外部対策とに分かれていて、外部対策ではとにかく被リンク …