新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

カスタムフィールドとカスタム投稿で記事投稿フォームを使いやすく 3 – テンプレート編集の巻 【ワードプレス】 #wp

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、入力側のインターフェースが整ったところで、今度は出力側の設定をしておきましょう。
カスタム投稿(カスタムポスト)を使って投稿された記事はなにも設定しないと「single.php」(ブログ記事一つのテンプレート)にのっとって表示されます。
これを、専用のテンプレートで表示させるためには、今回作ったカスタム投稿タイプが「shops」なので、「single-shops.php」というテンプレートを用意する必要があります。
つまり「single-カスタム投稿タイプ名(英字).php」というテンプレートを用意すればいいのです。
そしてそこに、カスタムフィールドの要素も付け加えてレイアウトしてあげます。

スポンサーリンク
 

以下具体的な手順です。

  1. まずはサーバーから該当のテーマフォルダ内の「single.php」をダウンロードして「single-shop.php」(カスタム投稿タイプが「shops」の場合)に改名、同じ場所にアップする。
    テンプレートのベースを作る
  2. ダッシュボードから「外観」→「テーマ編集」と行き、「single-shop.php」を開く。
  3. 「つぶくま」の場合はベースとなっているテーマが「Twenty Ten」。
    「Twenty Ten」は「single.php」に「loop-single.php」を読み込ませています。
    したがって「loop-single.php」からソースを引っ張ってこなければなりません。
    このあたりは、テーマによって変わってくるので注意。
    いずれにしても、「single-shop.php」内にカスタムフィールドの各項目を表示させるスクリプトを書くことになります
  4. まずはカスタムフィールドで得た情報をどのように配置するかですがこのあたりは何らかの方法でベースデザインを作ってそれをテンプレートに当てはめるというやり方がいいと思います。
    僕はDreamweaverを使って表組みデザインを作った上でテンプレートに当てはめました
    基本、各項目をテーブルで整然と並べただけですが。
  5. 次に、どの部分に上記テーブル(作成したレイアウト)をいれこむかがポイントになります。
    僕は本文上に置きたかったので
    <div class=”entry-content”>

    <?php the_content(); ?>

    の間に書き込みました。
    本文下に入れたければ上記スクリプトの下に配置すればいいと思います。

  6. 最後にカスタムフィールドで入力されたデータを呼び出します。
    データを呼び出すには、

    <?php echo post_custom(‘キー’)?>

    via : テーマにカスタムフィールドを反映させる方法 | かたつむりくんのWWW
    を使います。
    画像(type = imagefield)の場合はその画像のURLになるので注意して下さい。
    また、地図の部分はショートコードとの合わせ技で、

    <?php echo do_shortcode( ‘[addr2gmap addr=”‘.post_custom(‘address1′).'”]’ ); ?>

    via : FAQ | Contact Form 7

    といった具合に表記します。

以上でできたページが以下のとおりです。
つぶくまショップ紹介ページ
タイトルをお店の名前にしたりと部分的にカスタマイズしています。
やっぱり本文と写真は上のほうがいいかもしれませんねぇ。

 - CMS, WordPress, プログラミング, ユーザビリティ , ,

アドセンス広告メイン

Comment

  1. さくらい より:

    初めまして。
    いつも参考にさせて頂いております。
    宜しければ一つだけ教えて下さい。
    < ?php echo post_custom('キー')?>と入れると、値のみが出力されますが、写真のような「店名・プロットファクトリー」と枠線も入れて表示させるには、どのようにすればいいのでしょうか?
    お手数ですが宜しくお願い致します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ブログの「さらに検索する」を消す方法

ブログリニューアルも終盤に差し掛かりました。(まだ終わってなかったの?) 今回、 …

no image
最近使い始めたパソコン用ツイッタークライアント3つ+1

今まで、パソコン用のツイッタークライアントは「TweetDeck」を使っていた。 …

Flickr(フリッカー)リニューアル後、set画面からスライドショーの埋め込みソースが取得できなくなった

Flickr(フリッカー)リニューアル後、setのスライドショーの埋め込みができ …

秀丸(テキストエディタ)で全文検索

知りませんでしたテキストエディタにこんなすばらしい機能があるなんて。。 Web制 …

Facebookページを完全に永遠に削除する方法

念のため作っておいたFacebookページが必要なくなったので削除することにしま …

twitterでつぶやいて「はてブ」にブックマークするブックマークレット

ソーシャルブックマークといえば「はてなブックマーク」が国内では一番使われていると …

WordPress+Welcartでショッピングサイト構築【インストール編】

ショッピングサイト構築にWordPress+Welcartを使ったので、その構築 …

「Auto Post Thumbnail 3.4.1」のアップデートに注意。自動サムネール取得ができなくなります【WordPress・プラグイン】

なんか、最近、サムネール画像が設定されずに更新されるようになってしまいました。 …

iPhoneのSiriよりもGoogleの音声認識のほうが優秀らしい

iPhone(アイフォーン)のOSがiOS 5になってからやたらと「尻(しり)、 …

ツイッター(Twitter)、メール、SMS、MMS等でパスワードリセットが可能に

未だ日々進化しているツイッター(Twitter)ですが、今度はメールインフラでパ …