新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

WordPress(ワードプレス)でテンプレートにテンプレートを読み込む方法(インクルードタグ) #wp

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

WordPress(ワードプレス)でテーマ内テンプレートを編集する際に便利なのがインクルードタグ。
WordPressには予めいくつかのインクルードタグが用意されていて、これを使うとヘッダやフッダ、サイドメニュー等をテンプレートとして使い回しすることができます。

□ インクルードタグ – WordPress Codex 日本語版 

スポンサーリンク
 

以下、予め用意されているインクルードタグです。
テンプレート内に以下のPHPスクリプトを入れるとその部分に該当のPHPファイルが読み込まれる形になります。

<?php get_header(); ?>

「header.php」(一般的にはヘッダー)を読み込みます。

<?php get_footer(); ?>

「footer.php」(一般的にはフッター)を読み込みます。

<?php get_sidebar(); ?>

「sidebar.php」(一般的にはサイドメニュー)を読み込みます。

<?php get_search_form(); ?>

「search.php」(検索窓)を読み込みます。

<?php comments_template(); ?>

「comments.php」(コメントスペース)を読み込みます。

<?php get_sidebar(); ?> に関しては複数のサイドメニューを用意して切り替えることが可能です。
その際は

<?php get_sidebar(2); ?>

と書くことで、「sidebar-2.php」を読み込ますことができます。

と、ここまでがWordPress(ワードプレス)に予め用意されているインクルードタグ。

これでも足りないということがあれば以下のように表記します。

<?php include( TEMPLATEPATH . ‘/header2.php’ ); ?>

「include」というのはもともとPHPにある構文です。
「TEMPLATEPATH」というのはWordPress(ワードプレス)において用意されたテンプレートファイルのある場所。これを演算子「.」で繋げているわけです。
つまり、上記の場合、「header2.php」というファイルを読み込むということになるわけです。

以上をなるべく駆使して余計なHTML及びPHPプログラムを書かずに済むようにテーマづくりは工夫しましょう。

【’12年5月18日追記】
こんな便利な書き方がver.3.0から用意されていました。

<?php get_template_part(‘file_name’); ?>

「file_name.php」を読み込みます。「file_name」には任意の名前を使うことができます。

 - CMS, WordPress, プログラミング, 覚え書き , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「開く」ダイアログボックスからデスクトップが消えた!復活させる(元に戻す)方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「開く」ダイアログボックスや「 …

Dreamweaverの同期機能を使いこなす。動的サイトは「クローク」機能で同期対象から外す

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いや、こんな便利な機能だったら …

このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Googleでは、検索結果に「 …

僕が感じた緊急地震速報の媒体に寄る速さ比較

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。このところ、緊急地震速報を聞か …

「Windows Media Player」で音楽CDをコピーする方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前は、CDコピーツールを使わ …

自由研究はプログラミング。「プログラミン」が面白い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。文部科学省が小学生向けオンライ …

iPhoneの「Eメール(i)」をOutlook Expressで受信する方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前書いたこちらの記事で触れた …

「まずはお問い合わせください」ではお問い合わせはしない

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近は上司よりもむしろ部下から …

僕のInstagram(インスタグラム)の使い方

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Instagram(インスタグ …

埼京線経由の熊谷駅⇔渋谷駅間の定期券で浦和駅で降りたらタダだった

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、埼京線沿線で下りることが …