新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

真っ先に外さなくちゃいけないのは「無能な働き者」

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

以前、タンブラーでクリッピングさせて頂いたこの言葉。
無能な働き者。これは処刑するしかない。」これを深く掘り下げてみた。

□ のりさんぶらー

会社・社員イメージ

スポンサーリンク
 

この言葉はドイツの軍人「ハンス・フォン・ゼークト」の言葉。
Wikipediaの「ハンス・フォン・ゼークト」のゼークトの組織論の項にこうある。

□ ハンス・フォン・ゼークト – Wikipedia

軍人は4つに分類される。

有能な怠け者。これは前線指揮官に向いている。
理由は主に二通りあり、一つは怠け者であるために部下の力を遺憾なく発揮させるため。そして、どうすれば自分が、さらには部隊が楽に勝利できるかを考えるためである。

有能な働き者。これは参謀に向いている。
理由は、勤勉であるために自ら考え、また実行しようとするので、部下を率いるよりは参謀として司令官を補佐する方がよいからである。また、あらゆる下準備を施すためでもある。

無能な怠け者。これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士。
理由は自ら考え動こうとしないので参謀や上官の命令どおりに動くためである。

無能な働き者。これは処刑するしかない。
理由は働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、さらなる間違いを引き起こすため。

間違いなく「怠け者」の僕はとりあえず処刑されなくて済みそうだ。
それにしても、「働き者」が処刑されて「怠け者」が処刑されないのはちょっと合点が行かない人も多いと思う。

実は、僕の考えはこれに非常に近い。
ただ、処刑はしない、移動してもらう(もしくは担当の業務を変える)という形にすべきだと思う。
もっとも、僕の場合「会社経営」に置き換えて考えた場合。
「ハンス・フォン・ゼークト」の場合は戦時中の軍隊に置き換えているわけだからそんな猶予ないわけで即処刑となるのだろう。

つまり、誰にでも得手不得手があるのだから、その部署に向いていないと判断した場合は移動させて最終的に水を得た魚になってくれればいい。
「働き者」のモチベーションをうまく利用してあげるべきだ。
ただし、これは部下の場合。

上司の場合はどうしようもないのだが、無能な管理職は余計なことをせずにじっとしておいてくれれば良いということになる。
なるほどなっとく。

最終的に会社という組織に於いて一番困るのは「やけに張り切っちゃってる無能な上司」ということになります。
実はこれ、身に染みて感じてることだったりする。かといってどうしようもないんですけどね。

 - レビュー・レポート, 会社経営

アドセンス広告メイン

Comment

  1.   より:

    無能な働き者は
    働き者であるがゆえに周りからの評価は高い
    しかし無能であるがゆえに組織をマイナス方向に導くんですね

  2. 匿名 より:

    「異動」で済むなら良いんですがねぇ・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

APPってところの紙が安いらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最初にお断りしておきますが、当 …

ドイツで18時以降の仕事を、日本でも12時間以上の労働を禁止へ。それでも働く日本人

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そもそもからして仕事(労働)と …

no image
格差社会はビジネスチャンス

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。格差社会、格差社会なんて世間で …

職場でネットやる人の方が多い気がする

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ケータイから失礼します。 2ち …

no image
会社の問題点part3

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。さて、続いての問題点は営業と制 …

no image
PAGE 2009 PartII (オンデマンドとオフセットの違い)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いまさらですが「PAGE 20 …

ソースは毎日新聞です

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。 小学館に続き、毎日新聞が揺れ …

mixiの地域コミュニティオフに参加(於:わいず熊谷店) (11/18追記)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今までオフラインはおろかオンラ …

セブンイレブンの挽きたてコーヒーの買い方が色々あって面白い

実はセブンイレブンもこのドリップコーヒーを一部店舗でやっていた。
ただ、最近、機械を一新して多くの店舗に一気に取り入れているようだ。
また、それに追随してかローソンやその他コンビニエンスストアでもドリップコーヒーを販売し始めた。


こちらがセブンイレブンの新しいコーヒードリッパー。
個人でも欲しいくらいだが多分メンテナンスが大変なんだろうなぁと思う。

自分もいろいろなところのドリップコーヒーを頂いたが、今のところセブンイレブンの新機械のドリップコーヒーが一番お気に入り。
最近は、どこもコーヒーが美味しくなってきてコンビニだけではなくファーストフード店なんかでも結構美味しいコーヒーが飲めるようになってきた。
そんな中でもセブンイレブンのコーヒーはトップレベルだと思う。

さて、今回はそんな自分の一番のお気に入りであるセブンイレブンのコーヒーについて。
実は、色々なところで購入させていただいているのだが、店舗によって販売の仕方が違うようなのだ。
これはおそらく本部にもなにか狙いがあるのかもしれないが、販売方法はあえて店舗側に任せてしまっているらしい。
といったところで、自分が今まで寄ったことのあるお店でどんな販売方法をとっているのかを紹介。
自分なりの解説を付けていこうと思う。

1. カップを店頭まで持っていく

うちの近所なんかではこの方式が一番多く取り入れられているような気がする。
中にはパンのコーナーの上部にホット用のカップを並べたり、
アイス用の氷入りのカップをアイスクリームのボックスの半分に敷き詰めているような店舗もあった。

2. カードを店頭まで持っていく

これは浦和でいつも利用している駅近くのお店で使っている方法。
たしか、古い機械で以前からドリップコーヒーを売っていた森林公園近くの店舗もこの形だったような気がする。
個人的には、カップを持っていくのよりもスムーズでいいと思う。

3. 店頭で注文する

どの店舗でも通用するのがこの方法。
一度でも購入したことがある人はこれでいいんじゃないかなぁ。
ただし、アイスの場合は店員さんがいちいちアイス用のカップを取りに行かなければならなくなる店舗もあるので、そういったところはちゃんと持って行ってあげたほうがいいかもしれない。

ついでに、販売したての店舗は店員さんが機械に付いて操作方法を教えてくれたりもしているのだが、個人的にはこれはいらないんじゃないかなぁと思う。
というのは、分からない方はレジで聞くと思うからだ。

が、しかし、先日、これをくつがえるような初老男性に遭遇した。
彼は、何を思ったのかレジにいかず、カップも貰わず、ドリップボタンを押してしまったのだ。
当然カップがないのでそのままボタボタと100円分のコーヒーを無駄にしてしまったわけだ。
ひょっとすると自動販売機かなにかだと思ったのかもしれない。
にしても、お金を入れるところがないので先に商品を持って、レジに行くんだと思っていたのかもしれない。

もう、押してしまったものは仕方がないので終わった頃に、「あ、それ、先にカップ購入するんですよ」とだけ言っておいた。
まあ、おそらくそういったこともあるだろうからそれくらいで故障するような作りにはなっていないはず。 

とまあ、色々な売り方、いろいろな人がいるという話。
自動販売機でもない、店頭販売でもない、新しい販売の形を浸透させるのはなかなか大変。
でも、こういった形でどんどん新しい形が生まれてくればそれにともなって人の価値観も変わってくる。
大切な価値観もあれば無駄な価値観もあったりするので、身近なところから少しずつ変えていけば、
無駄なものはフェードアウトし、大切なものだけ残っていくと思う。
なんていうわけの分からない深い話になったところで、さようなら。 

【追記】 
先日、セブンイレブンのアルバイトの女の子に聞いたのですが、ホットと アイスで豆が違うそうです。
ホットは3種類の豆のブレンド、アイスは4種類の豆のブレンドだと言っていました。 
なるほど、おいしいわけです。 

関東一の祇園「熊谷うちわ祭2012」推敲【番外編】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。準備編 |&nbsp …