新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

出版社がつぶれサイトのみ独立 (12/6追記)

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

これはある意味、未来を案じているようなできごとですね。

内外タイムス倒産でも 「くだらなさが面白い」サイトだけ存続 : J-CASTニュース

スポーツ紙「リアルスポーツ」を発行している内外タイムス社が2009年11月30日、自己破産申請を行った。(中略)サイトは「リアルライブ」と名を変え、別会社が運営していく。

Naitai magazine (ナイタイマガジン) 2009年 05月号 [雑誌]
Naitai magazine (ナイタイマガジン) 2009年 05月号 [雑誌]
ナイタイ出版 2009-04-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポンサーリンク
 

内外タイムズ社が自己破産した。
大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

出版社や印刷会社の倒産(自己破産)は今になっては珍しいことではなく、あえてネタにするまでもないのだが、注目したいのはサイトは存続していくというところ。
もちろん運営は別会社だ。
つまり、「下請けでやっていたIT企業が親会社の倒産をきっかけに独立」といった感じだと思う。
そして、「出版・印刷業界」に限って言えば、こういった形は今後増えてくるんじゃないかと思うわけだ。

ちなみに、倒産した「内外タイムス」社は従業員50名、下請けだったと思われる「フェイツ」社の従業員数も50名。
会社の規模もほぼ同じだとはなんとも皮肉なことだ。

なお「フェイツ」社は「リアルライブ」以外にもいくつかサイトを運営しているらしい。

当社に置き換えてみても、倒産してもWeb部門だけは独立してやっていけるようにしておきたい。
課題は営業力かなぁ。。

リアルライブ

内外タイムス倒産の内幕「オーナーの逮捕が決定打だった……」 – 日刊サイゾー  (12/6追記)

 - 会社経営, 印刷・DTP

アドセンス広告メイン

Comment

  1. 茶尾 より:

    ナイタイマガジンは「ナイタイ出版」から発行されており、「内外タイムス」とは無関係なのでは?
    参考:http://1stepup.com/url/tclk

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ツイッター(Twitter)で市場調査依頼が来たけど断るつもり

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。賛否両論あると思われるのでここ …

「おりこうコピログ for imagio」が凄い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。やっぱり、デジタルブック(デジ …

ネットで印刷、印刷通販の「グラフィック」を使ってみた【入稿編】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。さて、ここまでは驚くほど順調に …

no image
印刷会社に未来はあるのか?#2

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。かつて、印刷会社は製造業だった …

no image
知らぬ間に。。

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ホームページがどーんと増えてま …

no image
10年間景気上向きだったのか?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。10年間に及ぶの景気上昇がつい …

企業の評判口コミサイト「転職会議」が注目する企業TOP100を発表

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、紹介した転職会議というサ …

今年の本命はやっぱり「ワタミ」。第2回ブラック企業大賞ノミネート企業発表

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ネットでは「ブラック企業」=「 …

Kindle(キンドル)連載は売れない。まとまってから買う人が多いから?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Kindle(キンドル)連載っ …

楽な仕事はありません。夢の大手証券会社で心が病んでしまった人のリアルな声

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。大手証券会社「野村證券」に勤め …

血液型オヤジ